親知らずの抜歯後の痛みはどれ程なのか?

これから親知らずを抜こうとしているアナタにとって、
一番気になるのが手術後の痛みだと思います。

oyasirazu07

今回は、私が親知らずを抜いた時の体験をお話しします。
結論から言うと、私の場合、抜歯後の痛みは、それ程強くなく、しかも短時間で収まりました

痛みを減らすポイントは、痛み止めの薬を飲むタイミング!

ジン

また、抜歯の手術を受ける時間によっても、その後の対応が変わってきます。では、私の体験談を順にお話しします。

親知らず抜歯後の痛みは?

私は、横向きで埋没している親知らずを抜歯しました。

レントゲン写真の「横向き」型の歯です。

oyasirazu07

まず、前回までの記事で、親知らずの種類についてや、抜歯手術中の痛みや手順について詳しくお話ししました。
まだ読んでいない場合は、まずは、こちらをどうぞ。

今回は、抜歯した後の痛みについてです。

私が親知らずの抜歯手術を受けたのは、午前中です。
この日は、平日でしたが私は休みだったので、午前9時に予約を入れました。

親知らずの抜歯をするなら、休みの日か、翌日が休みの夜などを選ぶことをお勧めします。

それは、多かれ少なかれ、抜歯後の痛みはあるので、安静にできる環境にしておいた方が良いからです。

では、実際に、手術後、どのように痛みを感じ、いつ頃、痛みが収まったのか、時系列で具体的に見て行きましょう。

親知らず抜歯手術の後、痛みの変化は?

では、私が手術を受けた時の一日の流れと、痛みの変化を時系列で追っていきます。

午前9時30分 手術開始

09:00 歯医者に行き、手術の説明を受ける。
09:30 手術開始。
10:00 無事、抜歯が終了。
10:30 歯医者を出る。

午前10時45分(抜歯から45分後) 痛み止めを飲む

自宅に戻り、処方された痛み止めの薬を飲みました。
手術が終わった直後は、まだ麻酔が効いているので、この時点で、まだ痛みは感じませんでした。

歯医者の説明では、
「痛み止めは、痛みを感じ始めたら飲んで下さい。」
とのことでした。

その理由は、
「痛み止めは、痛みがない前に飲んでいると、 いざ痛みが出た時に、効きづらくなる」
とのこと。

確かに、そうなのかもしれませんが、私は、痛みが出る前に、一回目の痛み止めの薬を飲みました。

それは、なぜか。

痛み止めは、飲んだ瞬間に、痛みがひくものではありません。
効果が出るのに30分以上はかかるでしょう。

さらに、親知らずの抜歯を体験した人の話を色々と聞いていて、
一回目の痛み止めは、すぐに飲んだ方が良いという意見が多かったからです。

とはいえ、これは私個人の意見です。
医者ではない素人なので、実際は、かかりつけの医師の話をよく聞いて、ご自分の判断で行って下さい。

では、痛み止めを飲んだ後、痛みは出たのか?
次のページに続きます。

スポンサー リンク