とうもろこしのゆで方レシピ!おいしく茹でる3つのポイント

朝採りのとうもろこしを、群馬旅行の帰りに、道の駅で買ってきたので、
早速、その晩、茹でて食べました!

茹でたトウモロコシの画像

美味しいとうもろこしのゆで方って、色々あって、レシピも様々なんですよね。

今回は、他のレシピを参考にする中で、3つのポイントに焦点をあて、
それぞれの特長を生かしながら、とうもろこしを茹でてみました。

ゆであがったトウモロコシは、ぷっりぷりで、ジューシー!!
大成功です。そのゆで方を紹介します。

スポンサー リンク




トウモロコシの美味しいゆで方は?

美味しいとうもろこしのゆで方を、
クックパッドや他のレシピサイトで調べてみると、やり方は様々。

その中で、気が付いたのは、とうもろこしを茹でる時には、
3つのポイントで違いが出てくるということです。

とうもろこしのゆで方 3つのポイント!

  皮ごと茹でる? むいて茹でる?

  水から茹でる? 沸騰してから茹でる?

  塩は入れてから茹でる? 茹でた後に入れる?

この3つのポイントで意見が分かれるようです。

今回、私は、この3つの中から、一つずつを選んで、
次のような方法で茹でることにしました。

 

私が選んだとうもろこしのゆで方レシピ

  皮をすべてむいて茹でる

  水から茹でる

  塩は茹でた後に入れる

なぜ、この方法を選んだのか。
まずはレシピを紹介した後に、それぞれの違いについて説明します。

スポンサー リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当レストランのシェフ


TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、4歳娘と0歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール
follow us in feedly

記事のカテゴリー

2件のコメント

    お気軽にコメント下さい