9・11倶楽部【馳星周】感想とあらすじ<ネタバレ注意>

馳星周の「9・11倶楽部」を読んだので、その感想を書き連ねます。

馳星周「9・11倶楽部」文庫本の画像
>>9・11倶楽部【電子書籍】[ 馳 星周 ]

特に、主人公の織田が、クライマックスで自問自答した言葉が、私は忘れられません。

馳星周ファンは、もちろんのこと、ノワールやバイオレンス小説が、すこし苦手だという人も、
この「9・11倶楽部」は、面白く読めると思います。

家族とは? 世界平和とは?

そういったテーマが、随所にちりばめられているので、子を持つ親には、ぜひ読んで欲しい作品ですね。

「9・11倶楽部【馳星周】感想とあらすじ<ネタバレ注意>」の続きを読む…

ページ: 1 2 3 4 5

マリアビートルの感想!王子の最後は?

伊坂幸太郎の「マリアビートル」を読みました。

マリアビートル伊坂幸太郎の文庫本の画像

いや~、めちゃくちゃ面白かった。

文庫本で600ページ近くもある長編小説だけど、あっと間に読んでしまった。
新幹線が見える喫茶店で(笑)

今回は、マリアビートルの感想と、
物語の主人公の一人である「王子」が最後はどうなったか?
について考えてみます。

これからは、ネタバレが含まれるので、
まだマリアビートルを読んでいない場合は、絶対に読まないで下さい。

もう一度、言います。絶対に、この先は読まないで下さい。
実際に、マリアビートルを読んだ時のドキドキハラハラ感が半減していますので。

まだ読んでいない場合は、自信をもっておすすめするので、
アマゾンで買って、本編を読んでから、このブログ記事も読んでみて下さい(笑)
【Amazon】>>マリアビートル (角川文庫)

「マリアビートルの感想!王子の最後は?」の続きを読む…

ページ: 1 2