9・11倶楽部【馳星周】感想とあらすじ<ネタバレ注意>

馳星周の「9・11倶楽部」を読んだので、その感想を書き連ねます。

馳星周「9・11倶楽部」文庫本の画像
>>9・11倶楽部【電子書籍】[ 馳 星周 ]

特に、主人公の織田が、クライマックスで自問自答した言葉が、私は忘れられません。

馳星周ファンは、もちろんのこと、ノワールやバイオレンス小説が、すこし苦手だという人も、
この「9・11倶楽部」は、面白く読めると思います。

家族とは? 世界平和とは?

そういったテーマが、随所にちりばめられているので、子を持つ親には、ぜひ読んで欲しい作品ですね。

馳星周「9・11倶楽部」のあらすじ

この物語の主人公は、東京消防庁新宿消防署大久保出張所に勤める、救命救急士の織田

新宿歌舞伎町の界隈が舞台なのは、馳星周の真骨頂だが、これまでの作品と違うところは、
主人公が、アウトローな不良ではなく、人命救助に打ち込む真面目な人間だということ。

しかし、それは表面上のことで、織田は悲しい過去を持つ、孤独な人間。
それゆえに、破滅へと向かっていく訳だが、今回のクライマックスは、読めない展開だった。

織田は、オウム真理教が起こした地下鉄サリン事件で、最愛の妻と息子を亡くしている。

織田自身、その当時は消防士として、現場に駆け付けたが、未曽有の大事件の前に、為すすべなく己の無力さを痛感する。

家族を失った悲しみから、織田は、消防士としてのキャリアを捨て、救命救急士として働き出す。

地下鉄サリン事件の11年後に、新宿歌舞伎町で、ある少年少女グループと出会う。

リーダー格の明(あきら)や、唯一の少女、笑加(えみか)を含めた8人は、
都知事による新宿浄化作戦で両親を中国に強制送還され、戸籍のない子どもたちだった。

事情を知った織田は、彼らを救うため、中国アフィアと関わりを持ち、犯罪に手を染め、
さらには、都庁を破壊するという、無謀ともいえる‶テロ行為〟に向け、突き進んでいく。

 

「9・11倶楽部」は文庫本で600ページ近くあるが、主に3つのブロックに分かれている。

  1. 少年少女たちとの巡り合い
  2. 中国マフィアの犯罪に加担する
  3. ‷都庁爆破テロ〟に向けたクライマックス

 

ざっくりと、3つに分かれているため、同じ物語でも、
前段、中盤、クライマックスで、それぞれ違った楽しみ方ができる。

それぞれのブロックについて感想を述べよう。続きは、次のページで。

スポンサー リンク

当レストランのシェフ


TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、4歳娘と1歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール
follow us in feedly

記事のカテゴリー

お気軽にコメント下さい