マリアビートルの感想!王子の最後は?



伊坂幸太郎の「マリアビートル」を読みました。

マリアビートル伊坂幸太郎の文庫本の画像

いや~、めちゃくちゃ面白かった。

文庫本で600ページ近くもある長編小説だけど、あっと間に読んでしまった。
新幹線が見える喫茶店で(笑)

今回は、マリアビートルの感想と、
物語の主人公の一人である「王子」が最後はどうなったか?
について考えてみます。

これからは、ネタバレが含まれるので、
まだマリアビートルを読んでいない場合は、絶対に読まないで下さい。

もう一度、言います。絶対に、この先は読まないで下さい。
実際に、マリアビートルを読んだ時のドキドキハラハラ感が半減していますので。

まだ読んでいない場合は、自信をもっておすすめするので、
アマゾンで買って、本編を読んでから、このブログ記事も読んでみて下さい(笑)
【Amazon】>>マリアビートル (角川文庫)






マリアビートルの感想!【ネタバレ注意】

それでは、マリアビートルの感想を。
物語を読んでいる前提ですので、あらすじなどは割愛します。

物語の舞台は、東北新幹線。東京―盛岡間。

私も、仕事で何度も東北新幹線に乗っているので、車内の情景や、停車駅までの時間の間隔など、
リアルに思い浮かべながら、物語にのめりこんでいきました。

例えば、東京駅から上野駅までが、およそ5分。
さらに、上野駅から大宮駅までが、およそ20分。

実際、東京駅から大宮駅までは、乗っていれば、あっという間に着いてしまうけど、
この間にも、木村、蜜柑、檸檬、天道虫(七尾)、王子の思惑や行動が交錯し、
実に、物語の3分の1が(ページ数にして)費やされている。

大宮までで、よくぞここまで描けるものだな~、と感心しつつ、
ページをめくる手を止められないほど、のめりこんでいく。

私は、もともと、大沢在昌や馳星周などのハードボイルド小説が好きなので、
「グラスホッパー」や「マリアビートル」は、読む前から楽しみで仕方なかった。

特に、「グラスホッパー」「マリアビートル」のように、
複数の主人公の主観から描く手法が好き。

特に「マリアビートル」は、東北新幹線が東京駅から盛岡駅に着くまでの、
およそ3時間という短い時間で物語が展開する。(回想シーンもあるが)

物語がスピーディーかつ複雑に絡み合っていくから、
読みながら、この先、主人公たちがどう絡むんでいくのか、
どんな展開、結末がまっているのか、本当にハラハラドキドキの連続だった。

マリアビートルの好きなキャラクターは?

登場人物で、個人的に好きなキャラクターは、木村雄一檸檬木村茂(しげる)。

基本的に、不器用だけど男気のあるキャラが好き。

檸檬は、機関車トーマスおたくなところが、お茶目だったよね。

木村雄一は、アル中の元・殺し屋という設定だけど、
息子の渉(わたる)を思う気持ちは、同じ親として非常に共感できるし、応援したくなった。

「王子に負けるな、おじさん!」

って感じで(笑)

それだけに、主人公5人(木村・蜜柑・檸檬・天道虫・王子)の中で、
一番最初に、脱落したのには、ちょっとショックだった。

前作「グラスホッパー」では、鈴木・鯨・蝉・槿の中で、
蝉が意外とあっさり終盤で脱落したように、
今回も、当然、誰かが脱落し、誰かが生き残るのだろうとは思っていて、
木村は、終盤まで残るかと思っていたんだけどな。

結果的には、木村の章は、木村雄一から、父・木村茂と母・晃子にバトンタッチされ、
ああ、そうきたか!と驚いた訳だが。

物語の冒頭から、木村雄一の回想シーンで、木村の父母、渉(わたる)にとってのジジババが
結構、登場してくるので、物語の後半で、どんなふうに絡んでくるのか興味深かったけど、
まさか、父・茂が、寝起きの悪い「伝説の殺し屋」だったとは。

これは、誰も驚いたと思う、本作の一番のサプライズではないかな。

木村茂と晃子夫婦が、水沢江刺駅から、東北新幹線バトルに、まさかの参戦!

木村茂は、その登場の仕方も「いぶし銀」だけど、
新幹線の座席で、王子と対峙した時の、行動や発言が際立っていたな。

それまでは、海千山千の木村雄一、蜜柑、檸檬、天道虫が、
中学生の王子に、いいようにあしらわれてきて、読んでいるこっちとしては、
王子に対するイライラやむかつきがMAXに達していたからね。

木村茂が、年長者としての威厳を保ってくれたのは、
スカッと胸をなでおろす気分だった。

さて、物語を読み終わった後に、真っ先に気になるのが、
王子の最後はどうなったのか?だと思う。

これについては、本編でヒントが出ているんで、考察してみたい。
続きは、記事の後半で。

スポンサー リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当レストランのシェフ

TVディレクター・ジン

TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、5歳娘と1歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール


follow us in feedly

記事のカテゴリー

お気軽にコメント下さい