今回は、iPhoneの充電ケーブルをさすコネクタが、汚れている時の掃除の方法をまとめます。

iPhoneのドッグコネクタの画像

自分でiPhoneを掃除する時に使う道具や、注意点とは?
私が、Appleの正規代理店に行って得た知識をシェアします。

ジン

iPhoneが充電できずに、お困りなら、きっと役に立つので、最後まで読んで下さいね!感謝のコメントもたくさんいただいております。

iPhoneコネクター内のほこりやゴミは「充電できない」原因

前回の記事で、「iPhoneが充電できない」原因が、コネクターの詰まったほこりの塊だったことをお伝えしました。

 

その時に、コネクタから出てきた埃がこちら。

iPhoneコネクタを掃除した時に出た埃の画像

いや、まさか、こんなにも埃が詰まっていたとは思わずビックリ。
そりゃ、充電ケーブルが接触不良にもなるよな~。

こうした事態を改善、または予防するために、
自分でiPhoneのコネクタを掃除するには、どうすれば良いのでしょうか?

そのポイントをお伝えします。

事前に確認すべきこと

まずは、コネクタの穴の中を、よく観察して下さい

穴の奥の白い部分が、ちゃんと見えますか?

ここが黒ずんでいたりすると、ほこりやゴミが詰まっていると考えられます。

その場合、充電ケーブルを差し込んだつもりでも、実は、しっかりと奥まで入っていない場合があります。

その状態では、以下のようなトラブルが。

  • 充電できない
  • パソコンに繋いでも、iPhoneを読み込まない

 

これは、ケーブルとコネクタの接触不要が原因で起こります。

では、どのように掃除をすれば良いのでしょうか?

使う道具や注意点についてお伝えします。続きは、記事の後半で。

スポンサー リンク