Twitterのパスワードを変更する方法

「偽レイバンのスパム」に遭うと、パスワードを変更しない限り、
迷惑なツイートを、延々とつぶやかれてしまいます。

逆に言えば、パスワードさえ変更すれば、勝手にツイートするのを止めることができます。
すぐに「設定」からパスワードを変更しましょう。

パスワードの変更は、基本的に、パソコン版のTwitterから設定する必要があります。

現時点で、iPhone版のTwitterからは変更ができません。

iPhoneから変える場合は、「Google Chrome」のブラウザを使って下さい。
以下の記事で、詳しく書いています。
>>Twitter乗っ取り解除方法は?iPhone・android対応!Chromeから

「Google Chrome」をインストールした後は、以下の手順で、パスワードを変更して下さい。

 

「設定」を選択

Twitterで自分のアカウントの右上にあるプロフィール画像のアイコンをクリック。
「設定」を選びます。

Twitterの設定画面の画像

「パスワード」を変更

左側のリストから「パスワード」をクリック。
右側の画面で、「現在のパスワード」を入力。
「新しいパスワード」を2回入力し、「変更を保存」をクリック。

Twitterのパスワード変更画面の画像

以上で、パスワードの変更は完了です。

「連携アプリを確認する」というボタンが出てきますが、
特に見る必要がなければ、「利用しない」をクリックして終了です。

パスワードを変更した時点で、「レイバンのサングラス」のツイートが
勝手につぶやかれるのが止まります。

なので「レイバンツイート」に気付いた時点で、すぐにパスワードを変更しましょう。
対処が遅れると、そのツイートを消去するのが大変です。

私の場合は、100ツイート以上されていたので、一つ一つ、
地道にツイートを削除しました。

はっきりいって無駄な時間です。
とはいえ、自分のツイートとして残したままは嫌なので、
面倒くさいと思いますが、レイバンツイートは削除しましょう。

さらに、短時間に連続ツイートされたことで、
ツイート制限がかかり、パスワード変更後も、
半日間、自分でツイートすることができませんでした。

本当に迷惑極まりないです!

あなたも、無事にスパムを解除できたら、
この対処法をTwitterでシェアして、フォロワーさんに教えてあげて下さい!

スポンサー リンク