自宅で簡単に出来ちゃう「牛肉のたたき」の作り方を、ご紹介!

ローストビーフ

わずか3ステップで、超簡単に作れるレシピです。

ジン

オーブンで焼くローストビーフよりも超簡単にできちゃうので、重宝しています。

ローストビーフのレシピはこちら。

 

牛たたきの作り方 ★簡単レシピ★

今回、お伝えするローストビーフのレシピは、わずか3ステップ!
家にフライパンさえあれば、誰でも作れます。

  1. フライパンで牛肉を焼く
  2. 牛肉をポン酢につける
  3. 冷蔵庫で寝かせ、ビーフを切る

 

たった、これだけです。簡単でしょう?用意する材料は、2つだけです。

ローストビーフレシピ【2人前】
  • 牛肉(もも、または、リブロース)300g
  • ポン酢(適量)

 

あとは、付け合せに、タマネギのスライスをあわせるとおいしいです。

1.フライパンで牛肉を焼く

肉屋でもらった牛脂を、あたためたフライパンに乗せ、全体に油をぬります。

そこへ、牛肉のかたまりを切らずにそのまま入れます。塩コショウをする必要はありません。

中火で、少しコゲ色がつく程度に片面ずつ焼いていきます。

側面も含めた全部の面が焼けたら、火を止め、終了。これで、牛肉の表面だけが焼けて、中は生の状態です。

2.牛肉をポン酢につけて冷蔵庫へ

焼いた牛肉を、ジップロックの中へ入れます。ジップロックがなければ、透明のビニール袋でも構いません。熱いので、やけどしないように!

次にポン酢を入れます。この後、袋で密封しますので、たくさん入れる必要はありません。肉が漬かる適量を入れて下さい。

ポン酢を入れたら、牛肉をしっかり漬かるように、袋をねじって、密閉します。

この状態のまま冷蔵庫へ。1~2時間くらい寝かせます。

3.牛肉をカットする

冷蔵庫で寝かした牛肉を包丁でカットします。

出ました!いい色です。この瞬間が、いつも堪らない!!

食べやすいように、あまり厚く切りすぎないのがポイント。
とはいえ、薄く切りすぎると形が崩れるので、そこは豪快に!

切り終わったら、お皿に盛り付け。今回は、付け合せに、紫タマネギのスライスを用意しました。

牛肉を寝かせている間に、準備しましょう。タマネギをスライサーでスライスし、水に浸しておけばOK。新タマネギや普通のタマネギでも大丈夫です。

袋に中に残っているポン酢を上からかけて完成!

ローストビーフ

赤身の締まりと、脂の差し具合が絶妙で、噛めば噛むほど、味が染み出て、甘いんです!

牛のたたきは、モモ肉で作ることが多いですが、今回、初めて使ったトンビは、本当においしかったです。ぜひ、家族のお祝い事や、お子さんの誕生日、クリスマスなどに作ってみて下さい。我が家では、普段、食べたい時に作っていますが。一度、味わったら、やみつきになりますよ!!

牛たたきに使う部位は?

今回、使った牛肉は、近所の肉屋で買った国産牛の肩肉で、「トンビ」という部位です。

牛肉トンビ

一般的に、自宅で牛肉のタタキを作る時には、「モモ」や「リブロース」、「肩肉」を使います。赤身が好きか、脂がのった肉が好きかで、部位を選びます。

モモ

脂身が少ない赤身の部分。

リブロース

脂身が多く、霜降りは高級肉

トンビ

牛一頭から、2kgしか取れない希少部位。
肩から腕にかかる部位。肉質は「モモ」に近く、細かなサシが入っている

 

この「トンビ」は、関東では「トンビ」、関西では「トウガラシ」と呼ばれいます。
赤身なんだけど、脂も程よくのっているので、牛肉のたたきにぴったりなんです。

ただ、この「トンビ」は希少部位なので、どこのスーパーでも売っている訳ではないです。

牛肉の専門店や、牛を一頭買いしているような店なら、あるかもしれません。肉屋に行ったら、「牛たたき用のお肉を下さい」と言えば、いくつか部位を見せてくれるか、その日ある肉の中から、おすすめを教えてくれます。

肉を買う時に、「牛脂」をもらうのも忘れないで下さいね!
ちなみに、今回、買ったトンビは、100グラム680円。300グラム買ったので、2人前でおよそ2000円です。冒頭の写真のように、300グラムあれば、結構なボリュームですよ。

スポンサー リンク