名古屋・熱田神宮に程近い「あつた蓬莱軒」の本店で、名物のひつまぶしを食べてきました!

蓬莱軒ひつまぶしの画像

明治6年創業のうなぎの老舗で、念願のひつまぶしに舌鼓!

ジン

超人気店の気になる待ち時間予約について、蓬莱軒のスタッフさんに、根掘り葉掘り聞いた情報をシェアします。
あつた蓬莱軒に行く前に、予習しておきましょう!

あつた蓬莱軒でひつまぶし!熱田神宮近くの本店へ

あつた蓬莱軒の本店は、名古屋市熱田区神戸町にあります。
神戸町は「こうべちょう」ではなく「ごうどちょう」と読むんですよね。

国道19号沿いにある古風な2階建てが蓬莱軒の本店です。

あつた蓬莱軒本店の画像

電車でのアクセスは、名古屋地下鉄名城線の「伝馬町」駅で下車。徒歩7分の場所にあります。
熱田神宮の南門(正門)からは、徒歩5分ほどです。

店の門に入ると、園庭があり、風流な佇まいを感じます。

名古屋の蓬莱軒の外観画像

蓬莱軒は、創業が明治6年、140年の歴史を誇るうなぎの老舗。
この建物は、戦争で焼けてしまった後に建てられたものだとか。

ちなみに、熱田神宮の南口から、すぐの場所には、蓬莱軒の神宮店があります。
本店も神宮店もメニューは同じなので、好きな方へ行ってみて下さい。

<蓬莱軒 神宮店>
あつた蓬莱軒の神宮店の画像

名古屋駅の近くでは、松坂屋南館10階にもあります!

 

蓬莱軒本店で予約はできる?

さて、常に待ち時間が出るほど、人気の蓬莱軒ですが、それならば「事前に電話で予約をすれば!」と思いますよね。

しかし、残念ながら、蓬莱軒本店では、ランチの事前予約は受け付けていません。

予約は、原則、会席料理のみになります。

夏の繁忙期を除いて、平日の夜に限り、若干、予約が出来るようです。

本店、神宮、松坂屋で、予約の対応も違うので、詳しくは、蓬莱軒のホームページで確認して下さい。

蓬莱軒本店の待ち時間は?

そこで気になるのは、待ち時間

蓬莱軒は、ひつまぶしが有名で、地元の人はもちろん、観光客も押し寄せる人気店です。

ランチの混雑時には、どれくらい待つのか心配ですよね。

平日か休日か、ランチか夜かによって、当然、待ち時間も変わってくるので、各々について、まとめました。

平日ランチの待ち時間

今回は、平日のランチに蓬莱軒本店へ。店に着いたのは、12時30分でした。

すると、店の前には、並んでいるお客さんの姿が。

あつた蓬莱軒の前で並ぶ客の画像

外で蓬莱軒のスタッフさんが、対応しています。ここで、人数と禁煙・喫煙かを聞かれます。

私は、12時30分に着き、禁煙席を希望。すると、30分後の13時に、また来るように言われました。

実は、蓬莱軒の本店では、混雑時に並ばなくても済むように、10分単位で、お客を案内するシステムをとっていました。

あつた蓬莱軒の店前の画像

これならば、ずっと並んで待っている必要がなく、指定された時間に、蓬莱軒の前にいれば良い訳ですから、多少、便利ですよね。

平日の昼間は、長くても30分待ちで入れるようです。
ただ、喫煙の席は少ないので、それだけ待ち時間が長くなるので、ご注意。

続いては、休日ランチと夜の待ち時間について、次のページへ。

スポンサー リンク