名古屋のうなぎ老舗「あつた蓬莱軒」本店名物のひつまぶし!

あつた蓬莱軒本店のひつまぶしの画像

5000円の大盛りひつまぶしを食べました!それでは、早速、老舗店のグルメリポート!

あつた蓬莱軒 本店の名物ひつまぶし!

あつた蓬莱軒本店での予約や待ち時間については、こちら。

 

あつた蓬莱軒の前で並ぶ客の画像

ランチ時間に店の外で30分待ち、いよいよ蓬莱軒の本店へ。
時間が来ると、番号札を渡され、玄関へ案内されます。

あつた蓬莱軒の玄関の画像

番号札のセットを、一枚は自分の靴に付けて、下駄箱へ。もう一枚は、手元に持っておきます。

あつた蓬莱軒の下駄箱と靴の画像

案内されたのは、2回の部屋。少し急な階段を上って、仲居さんが先導してくれます。

あつた蓬莱軒の本店2階へ上がる画像

落ち着いた雰囲気の和室です。

名古屋のあつた蓬莱軒の2階の部屋の画像

蓬莱軒本店には、こうした畳の席の他に、テーブル席もあります。
イスの方が良い場合は、事前に伝えておきましょう。

あつた蓬莱軒のひつまぶしの値段は?

さて、注文するのは、もちろん、ひつまぶし!

IMG_6767

あつた蓬莱軒のひつまぶしの値段は、通常で3,600円(税込み)。

プラス200円で、ご飯大盛りにしてもらえます。

そして、「一半(いちはん)ひつまぶし」というのが、ご飯と鰻、ともに大盛りで、5,100円

仲居さんに聞けば、この「一半ひつまぶし」は、かなりのボリュームで、一人で食べるのは、けっこうキツイんだとか。

もちろん一人で食べる人もいるんでしょうけど、どちらかというと、何人かでシェアする時のメニューかと思います。

私は、普通のひつまぶしに、ご飯大盛りで注文しました。
この「ご飯大盛り」も、実は、すごい量だったんです。それは、この後。

ひつまぶしが来る前に、「鰻の肝焼き」をいただきました!

あつた蓬莱軒の鰻の肝焼きの画像
鰻肝焼き 950円(税込み)

うなぎの肝、大好きなんです!
いや~、酒飲みには堪らないツマミですよね。

普段、うなぎ屋で食べるのは、「肝串」が多いですが、蓬莱軒のうな肝は、小鉢に乗ったおしゃれな感じ。
タレがしっかり絡んで、とても美味しいかったです。

ひつまぶしの食べ方は?

うなぎの肝焼きを食べ終わるころに、ひつまぶしが運ばれてきました!

あつた蓬莱軒本店のひつまぶしの画像
ひつまぶし 3,600円(税込み)  ※ご飯大盛り(200円増し)

第一印象、おひつが、でかい!!!!!

ひつまぶしの画像

蓬莱軒のひつまぶし、ご飯大盛り、量が半端ないです!

よっしゃ!ならば、ガッツリいただこう。

ひつまぶしは、3つの食べ方が同時に味わえるのが魅力。
店に行く前に、ひつまぶしの正しい食べ方を知っておきましょう!

ひつまぶしお茶漬けの画像

ひつまぶしの食べ方については、次回の記事で詳しく!

 

名古屋のグルメリポートは、こちら!

 

あつた蓬莱軒 本店
あつた蓬莱軒

 

所在地:愛知県名古屋市熱田区神戸町503
電話:052-671-8686

営業時間
11:30~14:00(ラストオーダー)
16:30~20:30(ラストオーダー)
定休日:水曜日(祝日は除く)

スポンサー リンク