大雨特別警報とは!大雨警報との違いは?



気象庁が新たに設定した大雨特別警報
この特別警報とはどういった時に、どういう基準で発表されるのでしょうか?

私が、気象庁の職員に聞いたことや資料をもとに、
大雨特別警報の基準や大雨警報との違いを解説します。






特別警報とは?

特別警報とは、気象庁が新たに設定した警報で、
平成25年8月30日から運用が始まりました。

特別警報は、全部で6種類あります。

  • 大雨特別警報
  • 暴風特別警報
  • 高潮特別警報
  • 波浪特別警報
  • 暴風雪特別警報
  • 大雪特別警報

この6つの気象現象については、
これまで警報と注意報しかありませんでしたが、
これからは○○特別警報という形で発表される可能性が出てきました。

大雨のイラスト暴風のイラスト

「津波や地震は?」と思われたかもしれませんが、
津波や地震、噴火ついては、すでにある警戒レベルを特別警報と位置付けています

  • 津波
    大津波警報(3メートル以上の津波が予想される場合)
  • 火山噴火
    噴火警報(噴火警戒レベル4以上または居住地域)
  • 地震
    緊急地震速報(震度6弱以上)
スポンサー リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当レストランのシェフ

TVディレクター・ジン

TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、5歳娘と1歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール


follow us in feedly

記事のカテゴリー

お気軽にコメント下さい