連携アプリがTwitterアカウントにアクセスする許可を取り消す方法

一度、連携アプリの認証を許可した場合でも、その後、許可を取り消すことが出来ます
設定を、私のツイッターアカウントで説明します。

【追記】スパムアプリの解除方法の注意点について、さらに詳しく書きました!こちらもあわせて読むと万全です。

 

解除の設定は、基本的にTwitterのパソコン画面で行いますが、スマホからも設定出来るので、パソコンがない場合もご安心下さい。
スマホからの方法は、この後で。

まずPCブラウザで、Twitterにログインして、右上にある「自分のプロフィール画像」のアイコンをクリックし、「設定」を選択。

※下の画像は、少し古いので、歯車マークになってます。

twitter-appli-2

次の画面で「アプリ連携」をクリックします。
すると、自分が連携しているアプリの一覧が出ます。

許可を取り消したい連携アプリの横にある「許可を取り消す」ボタンを押すと、無事、解除されます。

私はiPhene5を使っていますが、
スマホからは、設定の項目に「連携アプリ」がなかったので、スマホから設定したい場合は、以下のリンクから、Twitterのパソコン画面にアクセスできます。

【追記】リンクが無効になってしまったので、スマホから解除する方法は、こちらの記事に書いています。

 

以上で、「Twitterで勝手にツイートされた!」場合の対処方法の説明は終わりです。

Twitterは拡散力があり、自分の情報を発信するにはとても便利なツールですが、そこに目をつけ、強制的にフォロー、ツイートさせようとする人たちも出てきています。

Twitterを利用している以上は、フォローやフォロワー数に関わらず、基本的に誰でも見られる情報を発信しているという意識を持って、意図しない情報を発信しないよう、自分自身で注意をはらう必要が今後もありそうですね。

スポンサー リンク