ローストビーフのオーブン簡単レシピ!クリスマス料理



ローフトビーフレシピ!初めてのオーブンでも失敗なし

冒頭でも触れましたが、私はいつもローストビーフ(牛たたき)を作る時は、
フライパンで焼くだけでしたが、今回は、普段あまり使わないオーブンで焼きました。

それでも、失敗せずに、美味しいローストビーフが出来たので、
意外と簡単で確実な方法です。それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

【下準備】

  ローストビーフを作る前に下準備をしましょう!

1 牛肉を常温で寝かす

ローフトビーフ用の牛モモ肉の画像

下準備として、牛モモ肉は、調理する前に、冷蔵庫から取り出して、
常温の状態でしばらく置いておきます


時間の目安は、冬場なら3~4時間くらいが目安です。

なぜ、常温で寝かすかというと、オーブンで焼く時に、
肉の内側が冷えていると、熱が伝わりにくいからです。
ロゼ色のローストビーフに仕上げるために、この準備は必ずしましょう。

 

2  オーブンを250℃で予熱

牛肉を常温で寝かせた後、調理を開始する段階になったら、
まずは、オーブンを250℃で予熱しておきます。

 

【ローストビーフ】 レシピ

  メインのローストビーフをオーブンで焼きますよ!

1 牛肉に塩コショウをもみ込む

牛モモ肉に塩コショウをもみ込んだ画像

では、メインのローストビーフの作り方です。
最初に、常温で寝かした牛肉に、塩コショウを練り込みます。

私は、いつも味塩コショウを使っています。(何でも使えて便利)
少し多めに振って、肉になじませておきましょう。10分ほど待ちます。

 

2 野菜を切る

カットしたきのことパプリカと玉ねぎの画像

牛肉に塩コショウが馴染むのをが待つ間に、一緒に焼く野菜を切ります。
今回は、玉ねぎとパプリカと、そしてキノコ類をたっぷり入れます。

パプリカは、彩りを良くするため、オレンジと黄色を半分ずつ使いました。
キノコは、シイタケ・しめじ・マイタケ・えのきの4種類です。
その時、用意できるキノコを入れれば良いと思います。
エリンギやマッシュルームもおすすめです。

それぞれ、3~5センチ程度にカットします。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当レストランのシェフ

TVディレクター・ジン

TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、5歳娘と1歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール


follow us in feedly

記事のカテゴリー

7件のコメント

    お気軽にコメント下さい