お宮参り初穂料の相場金額は?誰が払うの?

赤ちゃんのお宮参りの時に、神社に納める初穂料(はつほりょう)

  • この金額の相場って、いくらなの?
  • お金は誰が出すの?

そんな疑問について、取材したことや、私の体験談をまとめます。

お宮参りの初穂料とは?

初穂料(はつほりょう)とは、
神様に奉納する金銭として納めるお金のことです。

 

お宮参りの場合は、赤ちゃんが健やかに成長してくれることを祈って、
神様に奉納する金額になります。

なぜ、初穂料と呼ぶかと言うと、
初穂とは、初めて収穫されたお米のことで、
昔は、豊作を祈って、初穂を神前に捧げたことが起源になっています。

それが今では、神様に納めるお金のことを指すようになりました。

初穂料の相場は?

お宮参りの初穂料の相場ですが、
5千円から1万円と言われています。

入学式

神社によっては、一律で相場金額が決まっているところも多いです。
東京の神社の例で説明します。

水天宮の初穂料の相場金額

たとえば、安産祈願や子授けで有名な東京の水天宮の場合は、
お宮参りの初穂料は、一律5千円と決まっています。

水天宮

もちろん、5千円以上を払うのは自由ですが、
その神社のルールに従うのが良いでしょう。

 

浅草寺の初穂料の相場金額

私の娘がお宮参りに行った浅草の浅草寺も、
初穂料は、一律で5千円でした。

浅草寺とスカイツリー

多くの人が訪れる神社は、
分かりやすいように、初穂料を一律にしていることが多いようです。

地域によっても相場が違ってくるので、
お宮参りに行こうとしている神社に、直接、問い合わせて
初穂料の相場を聞いてしまうのが、一番、手っ取り早い方法です。

では、お宮参りの初穂料が、誰が払うのが良いのでしょうか?
次のページで。

スポンサー リンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加



当レストランのシェフ

TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、3歳娘と0歳息子LOVEのパパです。
料理レシピや子育てメモ、ONE PICEネタやiPhone関連など、
知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール
follow us in feedly

記事のカテゴリー

2件のコメント

  • 匿名

    ありがとうございました

お気軽にコメント下さい