iPhoneを充電しようとして、
ドックコネクタにケーブルを差し込んでも、なぜか充電できない!

iPhoneと充電ケーブルの画像

こんな症状が出てくると、とても困りますよね。

私のiPhone5Sも、ある時から、たまにしか充電できないように…。

ケーブルをさしても、充電中になったり、ならなかったりの繰り返し。

その度に、「ブルブルブルブル」とバイブレーションの音が耳障りで、
「いい加減にしろ!」と、イライラしていました。

本体を修理に出さなくては…と覚悟していたのですが…

今回、その原因と、拍子抜けするほど、簡単な解決法が分かりました!

衝撃の事実に、ビックリです!

ジン
さあ、あなたも、この方法で、「iPhoneが充電できない」イライラから、今すぐに解放されましょう!自宅で、今すぐに対処できますよ。

iPhoneが充電できない原因は?充電ケーブル?接触不良?

まず、iPhoneが充電できない原因は、大きく2つに分けられます。

  • 充電ケーブルの問題
  • iPhone本体の問題

 

まずは、充電ケーブルか、iPhone本体か、どちらの原因があるのか見極めましょう。
それぞれについて説明します。

充電ケーブルに原因がある場合

まずは、iPhoneの充電ケーブルに原因がある場合から。

充電ケーブルは、基本的にAppleの純正品を使う必要があります。
純正品以外のケーブルがたくさん売られていますが、
これらを使うと、正常に充電できない場合が多いです 。

充電できたとしても、バッテリーに異常が出てきます。
すぐにバッテリー切れになるなど、寿命が短くなるので、ケーブルは、純正品を使いましょう。

iPhone購入時に付いてくるケーブルは短いので、
私は、長さ2メートルのApple純正品を買って使っています。
長さがあると、何かと便利です。

 

続いて、iPhone本体に原因があるケースです。
こちらが、今回の本題です。次のページへ。

スポンサー リンク