赤ちゃん胃腸炎の症状!下痢・嘔吐はいつまで?食事の注意点



赤ちゃんの胃腸炎の症状は?

ウイルス性胃腸炎の主な症状は3つ

  • 嘔吐
  • 下痢
  • 発熱

 

私の1歳の娘も、その日の朝は元気でしたが、
保育園の帰りに、当然、嘔吐したのをきっかけに、
その後も、嘔吐を繰り返し、夜には発熱が見られました。

さらに、赤ちゃんが胃腸炎になった時に注意すべき症状は…

  • 脱水症状
  • 痙攣

 

赤ちゃんの場合、嘔吐や下痢によって、水分が不足し、 脱水症状に陥るケースがあります。

さらに、発熱や下痢がおさまって 2-3日後に、胃腸炎に伴う痙攣が起きるケースもあるようです。

赤ちゃんの食事と水分補給は?

 では、赤ちゃんが胃腸炎になってしまった時は、 水分補給食事をどうれば良いのでしょうか?

水分補給

赤ちゃんが胃腸炎にかかってしまった場合、 元気がなく食事も食べられないような状況になってしまいます。

まずは、しっかりと水分補給することが大事です。

私の娘の場合は、最初に嘔吐した後に水を飲ませましたが、 すぐに、また吐いてしまいました。

すぐに病院につれて行ったので、そこで点滴を打ってもらいました。

最初は、顔色が悪かったですが、点滴を打ってもらったら、少し元気になり、
その日は、薬も飲まずに、すぐに寝付きました。

水分を受け付けない時は、小児科で点滴を打ってもらうのが良いと思います。

 

何を飲ませればよい?

飲ませて良いものとダメなものを医師から告げられました。

飲ませて良いもの
  • さ湯
  • 番茶
  • 粉ミルク(母乳)
  • ポカリスエット
飲ませてはいけないもの
  • 牛乳
  • 柑橘系のジュース

 

続いて、食事について。

スポンサー リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当レストランのシェフ

TVディレクター・ジン

TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、5歳娘と2歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール


follow us in feedly

記事のカテゴリー

3件のコメント

    お気軽にコメント下さい