胃腸炎の赤ちゃん症状は?水分補給や食事の注意点

赤ちゃんの胃腸炎について、症状や原因、食事や水分補給の注意点をまとめました。

実は、1歳の娘が、突然、嘔吐を繰り返し、
病院で診てもらったところ、急性胃腸炎と診断されました。

胃腸炎と言っても、症状や原因は様々。

お子さんが初めて胃腸炎にかかってしまった場合などは、 とても心配だと思いますので、
私が調べてまとめたことをシェアします。

胃腸炎の症状と原因は?

まずは、胃腸炎の症状の前に、胃腸炎という病気について整理します。

胃腸炎とは、胃や小腸・大腸の粘膜に炎症が起きる病気です。

 

一般的に、胃腸炎と言うと、感染によって起きる感染性胃腸炎のことを指します。

この感染性胃腸炎には2種類あります。

  • ウイルス性胃腸炎
  • 細菌性胃腸炎

 

ウイルス性胃腸炎とは?


ウイルス性胃腸炎とは、ノロウイルスロタウイルスなどの ウイルスに感染することで起きる胃腸炎です。 主に、冬場に流行します。  

 

細菌性胃腸炎とは?


 細菌性胃腸炎とは、サルモネラ菌O157など 細菌に感染することで起きる胃腸炎です。

主に、夏場に流行します。  

胃腸炎には、ウイルス性と細菌性の2種類がありますが、
そのほとんどは、ウイルス性の胃腸炎で、90%を占めると言われています。

さらに、乳幼児が感染しやすいのは、冬から春にかけて流行るロタウイルスです。

ここでは、赤ちゃんのウイルス性胃腸炎に絞って、症状や対策を見ていきましょう。

スポンサー リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当レストランのシェフ


TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、4歳娘と0歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール
follow us in feedly

記事のカテゴリー

3件のコメント

    お気軽にコメント下さい