赤ちゃんの熱中症の知っておくべき症状とは?

赤ちゃんに、こんな症状が見られたら、熱中症を疑いましょう。

[deco_bg image=”postit3″ width=”630″]

  • 顔の皮膚が赤く熱い
  • 顔色が悪く、脈が弱い
  • 唇が渇く
  • 元気がなく、何となく機嫌が悪い
  • いつもより母乳やミルクを飲みたがる
  • 汗をかかなくなる
  • おしっこが出なくなる
  • 泣き声に元気がない
  • ぐったりする
  • 意識が朦朧としている
  • 呼びかけても反応がない

[/deco_bg]

 

これらの症状が見られたら、熱中症の疑いがあるため、正しい対応が必要です。
そのことを知るために、まずは、熱中症について知っておく必要があります。

 

熱中症ってどんな病気?アナタは言えますか?

そもそも熱中症とは、どんな病気なのでしょうか?

環境省の「熱中症環境保健マニュアル」には、こう書かれています。
http://www.env.go.jp/chemi/heat_stroke/manual/1-1.pdf

[deco_bg image=”postit1″ width=”630″]

熱中症は…

高温環境下で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体内の調整機能が破たんするなどして、発症する障害の総称です。
死に至る可能性のある病態です。予防法を知っていれば防ぐことができます。応急処置を知っていれば救命できます。

[/deco_bg]

 

つまり、生きていくために重要な水分や塩分のバランスが崩れ、
最悪は死に至る恐い病気だが、正しい予防法や応急処置を知っていれば、
命を救うことができる病気だということです。

ですから、赤ちゃんを育てる親として大切なことを、
熱中症についての症状や予防法を知っておくこと。

言い換えれば、熱中症のことを知らなければ、
自分の赤ちゃんを守ることができないという訳です。

毎年、熱中症のことは必ずニュースになります。
実際に、死者が何人も出る怖い病気です。
ですから、当然、誰もが知っている病気です。

しかし!

[icon image=”finger1-r”] 熱中症にはどんな症状があるのか、きちんと言えますか?

[icon image=”finger1-r”] 一概に熱中症といっても、様々な種類があるって知ってます?

私は、知りませんでした。だから、調べました。

スポンサー リンク