選べる離乳食!和食のプロが作るダシ料理に赤ちゃんも興奮!

赤ちゃんの離乳食は、別料金で何種類からか選ぶことができます。
私たち家族が泊まった時の離乳食のメニューは、

[deco_bg image=”paper2″ width=”500″]
  • 根菜ダシ煮  525円
  • とうふ野菜あんかけ  525円
  • 白身魚ダシ煮  840円
  • 白身魚焼き物  840円
  • 煮込みうどん  840円
  • 野菜ぞうすう  840円
  • おかゆ  315円
  • だし巻たまご  525円
[/deco_bg]

 

この離乳食を作ってくれるのが、旅館の料理長。
懐石料理を作る和食の職人です。

プロが作った離乳食って、どんなものなんでしょう?

メニューから、奥さんが娘に選んだのは、
夕食は「野菜ぞうすい」「白身魚(金目鯛)のダシ煮」

離乳食 野菜ぞうすい

離乳食 金目鯛のだし煮

朝食は「煮込みうどん」です。
味付けは、「だしのみ」と「うす味」の2種類から選びます。

でも、私たちは、ちょっと無理を言って、
「だしのみ」と「うす味」の中間、「極うす味」で作ってもらいました。
旅館の皆さん、ありがとうございます。

どの料理も、赤ちゃん用のうす味ですが、
しっかりとだしが効いていて、
大人が食べてもおいしいと思えるものでした。

普段、ご飯ものでは、あまりねだってこない娘も、
この野菜ぞうすいを食べた時は、
「もっと、もっと!」とねだってきました。

金目鯛のダシ煮は、先ほど書いたように、
手でつかみながら、ばくばくと食らいついてました(笑)

ぞうすいも煮込みうどんも、赤ちゃんにとっては量が多いので、
娘は、全部は食べられませんでしたが、残したご飯は、大人が頂きました。

赤ちゃんにとっても、旅行は特別な時間。
いつもとは違う食事を楽しんでもらえて、親としては、感激です!

「赤ちゃんと泊まれる宿」でも大人も楽しめる懐石料理が!

「阿しか里」の料理長が作る離乳食を、
1歳の娘が堪能してくれたので、今度は、大人が食事を楽しむ番です。

阿しか里 懐石料理

赤ちゃんも満足なら、大人も満足!

手の込んだ懐石料理のコースを堪能しました!
詳しくは別の記事でお伝えします。

おすすめの記事