あなたは、今、親知らずを抜歯することに恐怖を抱いていますか?

歯医者の画像

僕は30代半ばにして、初めて親知らずを抜きましたが、手術の前は、正直怖かったです。

でも、抜歯してみて分かりました。

もっと怖いのは、ある“タイプ”の親知らずを抜かずに、放置することです。

抜歯して、ひと時の、恐怖や痛みで済ますのか。
それとも、放置した末に、悶絶するほどの、長い長い苦しみを味わうのか。

すべては、あなたの決断次第です。

  • 「親知らずを抜歯したいけど、手術に踏み込めない。」
  • 「決意はしたけど、やっぱり怖い。」

 

ジン

そんなあなたのために、私が抜歯の時に、ビビりまくって調べたことや、体験して分かった情報をシェアします。
この記事を読んで、一歩を踏み出して下さい!

親知らずは3つのタイプ

まず、あなたの親知らずは、どんなタイプですか?

親知らずには、大きく分けて、3つのタイプがあると言われています。

私には、その3つがすべてありました(笑)
私のレントゲン写真がこちらです。

親知らずのレントゲン写真の画像

親知らずは、8番目の歯ですが、左側と右側で、生え方が違うのが分かると思います。
では、それぞれのタイプを見ていきましょう。

1.「まっすぐ」型

1つ目のタイプは「まっすぐ」型です。

親知らず「まっすぐ」型の画像

こちら側の親知らずは上下ともに、まっすぐ生えています。
このタイプが、本来の姿で正常だと言えます。

このように親知らずが、すべてまっすぐ生えていれば、問題は起こりづらいと言えます。

しかし、実際は、次の2つのタイプが多いのではないでしょうか。

2.「ななめ」型

2つ目のタイプは「ななめ」型です。

親しらず「ななめ」型の画像

親知らずが斜めに生えると、隣の歯にぶつかってしますので、きちんした歯並びになりません。

こうなると、歯磨きでブラシが届きづらくなり、虫歯や炎症の原因になりやすいと言われています。

そして、「ななめ」型よりもやっかいなのが、次のタイプです。

3.「横向き」型

3つ目のタイプは「横向き」型です。

親知らず「横向き」型の画像

私の場合、ご覧のように下の親知らずが真横に生えています。

レントゲン写真で見れば、形や向きが分かりますが、実際には、歯茎の中に埋もれているので、見た目では分かりません。

この「横向き」型は、「ななめ」型よりも、虫歯になりやすく、隣の歯にも影響を与えると言われています。

放置していて、何も起きないこともありますが、最悪の場合は、炎症を起こして、激しい痛みを伴うケースが多い、やっかいなタイプなのです。

それでは、この「横向き」型の親知らずについて、詳しく説明していきます。続きは、次のページで。

スポンサー リンク