親知らずの抜歯は、痛い?痛くない?

今回は、その疑問にズバリお答えします!

親知らずのレントゲン写真の画像

親知らずの抜歯を控えて、ちょっとドキドキしているあなたに、
私の体験をもとにした、親知らず抜歯の痛みや、ちまたに広がる「痛そうな話」の真相をお伝えします。

結論から言えば、
親知らずの抜歯は、思っている程、痛くありません!

もちろん、個人差があるので、一概には言えませんが、きちんとした準備とアフターケアーで痛みは軽減できます。

ジン

私の体験をじっくり読んで、気持ちを落ち着かせてから、後悔しないように、親知らずを抜いて下さいね!

親知らずの抜歯の痛みは、どれくらい?

私は30代半ばで、初めて親知らずを抜歯しました。

抜く前は、ちょっと不安になって、ネットで色々と検索してたり、抜歯の情報を集めました。

そうしたら、痛そ~な体験談がわんさか出てきて、さらに不安に…。

あなたも今、その時の私と同じような心境でしょう。

でも、安心して下さい。
医学は日々、進歩しているのです!

まずは、親知らずのことをしっかりと知って、抜歯の手順を事前に理解していれば、結果的に「痛くない抜歯」にすることができると思います。

抜歯は、親知らずの生え方や状態によって、手術の難易度や、それに伴う痛みも変わってきます。

まずは、親知らずのタイプを知っておきましょう。

親知らずは3つのタイプ

親知らずには、大きく分けて、3つのタイプがあると言われています。
あなたは、どのタイプですか?

親知らず 3タイプ
  1. 「まっすぐ」型
  2. 「ななめ」型
  3. 「横向き」型

 

親知らずのレントゲン写真の画像

ジン

この画像は、私の実際のレントゲン写真です。
私の親知らずは、3つのタイプ、すべてがありました(笑)

私が、初めて抜いた親知らずは、「横向き」の埋没型でした。

レントゲン写真では、形や向きが分かりますが、実際には、歯茎に埋もれていて、ほんの一部しか見えません。

こうした「横向き」タイプが、抜歯の難易度は、一番高いです。

そして、抜歯後の痛みも出やすいと言えます。

親知らずのタイプについては、別の記事でさらに詳しく書いています。

横向き埋没の親知らずを抜歯!痛い?痛くない?

さて、前置きが長くなりましたが、あなたが一番気になっているのは、
親知らずを抜歯したら、ぶっちゃけ、痛いのか?痛くないのか?ですよね。

親知らずの抜歯の痛みは、2種類あります。

  1. 抜歯の手術中の痛み
  2. 抜歯後の痛み

 

これから抜歯をするあなたは、どちらも気になることでしょう。
順を追って話しますので、まずは、抜歯手術の手順を、私の体験をもとに見て行きましょう。
続きは、次のページで。

スポンサー リンク