サボと革命軍の目的は?今後の展開は?

さて、サボの登場で、ますます盛り上がるドレスローザ編ですが、
佳境に入り、さらにサボの登場シーンが増えることは間違いないですね。

[colored_box color=”red” corner=”r”]

  • サボとドフラミンゴの接触はあるのか?
  • サボの過去のエピソードは明かされるのか?
  • 革命軍の目的と今後の動きは?

 

気になることがいっぱいありますが、
今後の展開を予想をするにあたり、サボの口から重要なことが明かされました。

『武器の「生産」は別の場所みてェだな。 どこから運ばれてくるのか…』

どうやら革命軍がドレスローザに来た目的は、
ドフラミンゴが世界各国と取引している武器の密輸を阻止したいということのようです。

「武器の生産」と言って思い浮かぶのは…

そう、四皇カイドウが支配する新世界のとある冬島、そこにある武器工場ですよね。

本編では、武器工場を守るカイドウの部下・スコッチに、
元海軍少将のX(ディエス)・ドレークが戦いを挑む姿が描かれました。

さらに、その後、カリブーの扉絵シリーズで登場。
この島では、支配者スコッチと、革命家ガブルが率いていた労働者たちが戦っていました。

最終的には、スコッチを倒したカリブーが、突如現れたドレークに敗れ、
どこかへ連れて行かれる描写で終了。これが物語の大きな伏線となっていました。

もしかしたら、この冬島の工場が、
ドフラミンゴが世界各地に流している武器の生産工場なのではないでしょうか。

ドフラミンゴはカイドウと人造悪魔の実”スマイル”の取引をしていますし、
武器の生産・密輸を協力していてもおかしくありません。

すると、トラファルガー・ローが次の目的地とした「ゾウ」という島が、
実は、カイドウ縄張りの冬島なのか?なんて思いもちらつきます。

しかし、一つ気になるのは、革命家ガブルの存在です。
ガブルは、革命軍のメンバーなのか、それとも違うのか。

仮に、革命軍のメンバーであれば、武器工場の壊滅が目的であることは明らかで、
サボたちが武器の生産工場を探していることと矛盾してしまいます。

いずれにしても、サボたち革命軍は、武器工場を血眼になって探しています。

『それも分かればドラゴンさんへのいい手土産になるんだが』

サボが、ドラゴンの名前を出したことで、
ドフラミンゴの武器密輸阻止が、ドラゴンの意志であることも分かります。

となると、近いうちにドラゴンも登場するのか?
という想像も膨らみますよね。

これまで登場シーンが少ないドラゴンが、
もし出てくるようなことになれば、とんでもない展開になりますよね。

[colored_box color=”red” corner=”r”]

  • ドフラミンゴに四皇カイドウ
  • ドラゴン率いる革命軍
  • シーザーを狙う四皇ビッグ・マム
  • 錦えもん、モモの助、勘十郎のワノ国の侍

 

考えただけでワクワクします!
ぜひ、ドラゴンも絡んできて欲しいところですが、
私は、近々、ドラゴンが再登場すると思います。

より具体的に言うと、「ドレスローザ編でドラゴンが登場する」と予想します。

それは、なぜか?

これまでのドラゴンの登場シーンを振り返ってみて、
“ある重要なこと”に気が付いたからです。

その法則に当てはめると…
ドラゴンが登場しそうな匂いがプンプンするんです!

スポンサー リンク