「ポインティングデバイスドライバー」をインストールする方法

ノートパソコンのタッチパッド機能を無効にするのに必要な「デバイス設定」。

これを表示させるために、「ポインティングデバイスドライバー」を再インストールします。

「ポインティングデバイスドライバー」のインストール方法は、
お使いのノートパソコンによって、設定が変わってくるので、
富士通のサポートページを参照して下さい。>>富士通のサポートページ

私は、LIFEBOOKのAHシリーズを使っているので、このケースでは、以下の手順でした。

  1. 「スタート」ボタン→「すべてのアプリ」→「FUJITSU – ソフトウェアディスク検索」→「ソフトウェアディスク検索(ハードディスク)」の順にクリック
  2. 「ユーザーアカウント制御」が表示されるので、「はい」ボタンをクリック
  3. 「ハードディスクに保存されているソフトウェア一覧を表示します。」と表示されるので、「OK」ボタンをクリック。
  4. 「機種名」の欄に、自分が使っている機種名が表示されていることを確認。異なる機種名が表示されている場合は、「スクロールボタン下」ボタンをクリックし、表示されるメニューから自分の機種をクリック。
  5. 「ソフトウェア」欄にある「Synapticsポインティングデバイスドライバー」をクリック。
  6. 右側の「内容」欄にある「dpinst.exe」アイコンをダブルクリック。「ユーザーアカウント制御」が表示された場合は、「はい」ボタンをクリック。
  7. 「デバイスドライバのインストール ウィザードの開始」と表示されるので、「次へ」ボタンをクリック。
  8. 「使用許諾契約書」と表示されるので、内容をよく読み、同意する場合は、「同意します」をクリック。
  9. 「次へ」ボタンをクリック。
  10. インストールが始まるので、完了するまで、しばらく待つ。「デバイスドライバのインストール」が表示された場合は、「はい」ボタンをクリック。
  11. 「デバイスドライバのインストール ウィザードの完了」と表示されるので、「完了」ボタンをクリック。
  12. 「これらの変更を適用するにはコンピューターを再起動する必要があります。」と表示されるので、「今すぐ再起動する」ボタンをクリック。

※「富士通のサポートページより引用」一部、自分のケースに当てはめて変えています。

 

再起動後、「ポインティングデバイスドライバー」が再インストールされていました。

その後、タッチパッドを無効にするには、以下の方法で設定して下さい。

 

以上、タッチパッドが無効に出来ない時の対処法でした。

スポンサー リンク