iphone5が膨らんできて、それを放置していたら、この有り様に…(涙)

iphone5のバッテリーが膨張して液晶画面が故障した画像

液晶画面が浮き、画面が割れ、液晶がイカれて、終了…。

原因は、バッテリーの膨張。

数年間、愛用したiPhone5と、こんな感じでおさらばするとは…。

ジン

今回は、iPhoneバッテリーの膨張を放置すると危険だぞ!
ということを、身をもって体験したので、その情報をシェアします。

iPhoneバッテリーの膨張は危険!放置すると故障するぞ

iPhoneバッテリーの膨張は、iPhone内部で、じわじわと起きているので、最初は気付かないけど、
ひと度、膨らみ出すと、一気に膨らんでくるので、ご注意!

あっという間に、液晶画面の部分が浮き上がった状態になっちゃいます。

iphone5が膨張した画像

iPhoneのバッテリーは、本体の左側に収納されているので、
左側の画面が浮き上がってきたら、それは、ほぼ間違いなく、バッテリーが膨張している証。

iphone5が膨らむ原因の画像

最初に異変を感じたのは、ホームボタンの反応が鈍いなぁ…と。

今にして思えば、バッテリーが膨張し始めていて、画面が微妙に浮き上がることで、
ホームボタンも、微妙にずれて、反応が鈍くなっていた可能性が。
>>【詳しくは関連記事で】

iphone5が膨張した画像

最初は、こんなに浮き上がってはおらず、すこしずれているくらいだったので、
まあ大丈夫かな…と、様子を見ていましたが…

ある日、いきなり、下側も、パカっとオープン!

iphone5が膨張して故障した画像

そう、まるで、味噌汁のアサリが、パカっと開くように。

iphoneのホームボタンが壊れた画像

で、いつのまにか、ホームボタン自体も、どっかに落ちて無くなってました。

金具の部分を、無理やり押し込めば、何とかホームボタンが効くけど、いかんせん押しづらい。

そこで、ホームボタンを液晶画面上に出すことで対策をしました。
>>【詳しくは関連記事で】

しかし、この後、このiPhoneは、さらに無残な姿に…。
故障まで、まっしぐら。続きは記事の後半で。

スポンサー リンク