節分の由来を簡単に!【子供向け】豆まきの意味は?

2月3日の節分に、なぜ豆まきをするのか?
あなたは、子どもにきちんと説明できますか?

sozai_244842

「鬼は外、福はうち~」と、何となく言ってるだけでは、
あまり意味がないですよね。

そこで、今回は、節分の由来や、豆まきの意味を、
私自身が3歳の娘に説明するため、改めておさらい。
子どもでも分かるように簡単にまとめます。

節分の由来は?

節分と言えば、豆まきや、恵方巻を食べる習慣が、当たり前になっていますよね。

そもそも、節分とは、どういう行事なのでしょうか?
まずは、節分の由来から。

そもそも「節分」とは、その字の通り「季節を分ける」という意味から来ています。

kis0263[3]

1年を通して、「季節を分ける日」、つまり、春夏秋冬が変わる日が4回あります。

  • 立春(主に2月4日)
  • 立夏(5月6日ころ)
  • 立秋(8月8日ころ)
  • 立冬(11月8日ころ)

 

古くは、これら4つの日の前日を「節分」と呼んでいました。
しかし、今では、2月の「節分」しか残っていないですよね。

なぜなのでしょう?

なぜ、立春の節分だけなのか?

今の暦になる前は、立春が1年の始まりと考えられていました。

今でいう元日ですね。

昔の人からすれば、立春が、正月ですから、特に重要な日だった訳ですね。
立春が「元日」にあたるならば、立春の前日の「節分」は「大晦日」

新しい一年が始まる前に、鬼を退治して、新年を迎える。

というのが、立春の節分だったんです。

こうした経緯から、立春の節分だけが、今でも残っているんですね。

では、節分に豆まきをするのは、なぜでしょうか?
その意味は、次のページで。

スポンサー リンク

当レストランのシェフ


TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、4歳娘と1歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール
follow us in feedly

記事のカテゴリー

お気軽にコメント下さい