ワンピースのサボはなぜエースの救出に来なかったのか?


ワンピース・ドレスローザ編で、ついに死んだと思われていた、
ルフィとエースの義兄弟サボと思われる人物が登場しましたね。

そこで改めて、エース・サボ・ルフィの少年時代を描いた59巻・60巻を読み返して、
現在のサボがどんな人間になっているのか想像してみました。

一番、気になるところは、サボが生きていたとすれば、
エースがマリンフォードで処刑されそうになった時に、なぜ助けに来なかったのか?
という疑問です。その答えを、私なりに想像してみました。






サボの夢は?

まずは、サボが少年時代にどんな生活を送り、
なぜ、死んだと思われる事態になったのかをまとめました。

サボは、10歳だった少年時代に、エースとルフィと義兄弟の盃を交わしましたが、
その直前に二人に夢を語っています。

エース ルフィ…!!

おれ達は必ず海へ出よう!!

この国を飛び出して自由になろう!!!

広い世界を見て おれはそれを伝える本を書きたい!!

航海の勉強なら何の苦でもないんだ!!

もっと強くなって海賊になろう!!!

ワンピース60巻第585話「兄弟盃」より

この言葉から分かるように、
仮に革命軍のドラゴンに救われ、その後も革命軍の一員として過ごしたとしても、
航海術の勉強に力を入れていたことは想像が付きます。

成長した今では、相当、優れた航海術を身に着けているのではないでしょうか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当レストランのシェフ

TVディレクター・ジン

TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、5歳娘と1歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール


follow us in feedly

記事のカテゴリー

25件のコメント

  • 匿名

    チョー面白いこれならいくらでも読んでられる

お気軽にコメント下さい