七草粥の由来と意味は?人日の節句とは?


日本では、1月7日に七草粥を食べる風習がありますが
その由来や意味を知っていますか?

七草粥の画像

我が家でも、毎年、この日に七草粥を作って、家族みんなで食べていますが、
こうした習慣は、古くは平安時代からあると言われています。






七草粥の由来は?なぜ1月7日に食べるの?

1月7日の朝に、七草粥を食べれば、「1年病気にならない」と、昔から言われています。
>>七草粥の人気レシピ!簡単ご飯と餅(もち)で美味しい!

春の七草」は、秋の七草が観賞用なのに対して、こちらはすべて食用。

  • すずな
  • すずしろ
  • せり
  • なずな
  • ごぎょう
  • はこべら
  • ほとけのざ

春の七草の画像

現代では、この春の七草を使った「七草粥」は、
弱った胃腸を整え、食欲を増進する効果があると言われています。

他にも、糖尿病の合併症を防ぐ効果があることなどが、医学的に報告されているようです。

体に良い物を食べて、1年の無病息災を祈る。
では、なぜ、それが1月7日なのでしょうか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当レストランのシェフ

TVディレクター・ジン

TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、5歳娘と1歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール


follow us in feedly

記事のカテゴリー

1件のコメント

    お気軽にコメント下さい