親知らずを抜歯して、痛みが激しく続くのか、痛みをあまり感じずに済むのか。

それは、どこの歯医者を選ぶかで変わってくるでしょう。

歯医者の画像

私も初めて親知らずを抜歯した時は、本当にこの歯科で良いのか?
と不安になり、色々と調べました。

数ある歯医者から、どこを選べばよいのか?

実は、抜歯する歯医者を選ぶポイントがあるんです。

oyasirazu09

そこで、今回は、私が、かかりつけの歯医者さんから聞いた「痛い思いをしないための病院の選び方」をシェアします。

ジン

患者からの視点ではなく、医者からの視点で見た歯医者の選び方です。裏事情もこっそり教えてもらったので、親知らずの抜歯手術を受ける際のご参考にして頂ければ幸いです。

親知らず抜歯手術の歯医者の選び方は?

まず、親知らずを抜く時の歯医者は、大きく分けて2つ。

  1. 近所の歯科クリニック
  2. 大学病院

 

私が抜歯したのは、普段から通う近所の歯科クリニックでした。

抜歯の体験者に聞くと、近所の歯医者から大学病院を紹介されて、そこで手術を受けた人も多いですが、実際には、町の歯医者さんでも、抜歯はしてもらえます。

では、親知らずを抜歯するのに、近所の歯科クリニックと大学病院、どちらが良いと思いますか?

答えは…、半々です!

なんだ、そりゃ!!

と怒らないで下さいね。
これは本当のことです(笑)

では、大学病院での勤務を経て独立開業した歯医者さんの話をもとに、それぞれのメリット、デメリットなどについて、まとめます。

親知らず抜歯手術のリスクとは?

近所にある歯医者さんは、親知らずの抜歯手術をするところと、大学病院などを紹介するところの二つに分かれます。

それは、なぜか?

私たちにとって、親知らずの抜歯はあまり良いものではないですが、医者にとっても、抜歯手術はリスクを伴うものなんです。

リスクとは、「手術に失敗するリスク」です。

今は、医学が発達しているので、「失敗」というと大げさかも知れませんが、実際、「失敗」を恐れて、手術を行わない歯医者がいると言います。

町の歯医者や大学病院のメリット・デメリットの話の前に、このことを理解したほうが分かりやすいので、続けてお話しします。

親知らずの3タイプによってリスクは違う

前回の記事で、親知らずには3タイプあると説明しました。

 

oyasirazu01

親知るず 3タイプ
  1. 「まっすぐ」型
  2. 「ななめ」型
  3. 「横向き」型

 

抜歯手術の難易度も①→②→③と増していきます。

例えば、「横向き埋没」型の抜歯手術は、私の場合、以下の手順でした。

 

  1. 局部麻酔
  2. 歯茎の切開
  3. 親知らずの上側を切断
  4. 顎の骨を削る
  5. 根を抜く
  6. 歯茎を縫う

 

私は、幸い、良い医師に巡り会えて、手術は成功。
手術中の痛みは全くなく、抜歯後の痛みも最上限で済みました。

しかし、親知らずの生え方は人それぞれ。
この横向き型は、なかなか抜けない場合もあります。

さらに、親知らずが虫歯になり炎症を起こしている場合は、手術中に痛みを伴うこともあると言います。

つまり、先ほど言った医者にとってのリスクとは、こうしたケースのことです。

え?それって医者にとってのリスクではなく、患者にとってのリスクではないの?

と思ったかもしれません。

確かに、患者にとっては文字通り「痛い」経験です。

歯科医師は物理的には「痛く」はありませんが、後々、歯科クリニックとしてはダメージがあると言うんです。

どういうことなんでしょうか。

歯医者の治療の画像

もし、あなたが親知らずを抜歯した時に、手術中も、ものすごく痛くて、抜歯後も激しい痛みが一週間も続いたとなれば、もう2度と、親知らずは抜きたくないと思いますよね。

同時に、手術を受けた歯医者にも、2度と行きたくないと思うでしょう。

医師から見たリスクとは、こういうことだそうです。

仮に100人の手術が何の問題もなく成功しても、1人の手術が、うまく行かずに、その人が「あそこの歯医者はダメだ」と触れ回ったら、どうなりますか?

そのクリニックの評判は落ちてしまいますね。

町の歯科クリニックは、基本的に、近所の人たちが患者さんです。

ですから、たとえ医師が確かな技術があったとしても、口コミや評判が悪くなることで、患者さんが他の歯医者さんにうつってしまうことも考えられます。

ですから、そうしたリスクを負ってまで、親知らずの抜歯手術をしない歯科医もいるということです。

このことを理解した上で、歯医者選びをすると色々と見えてきます。
詳しくは、次のページで。

スポンサー リンク