サボはなぜエースを助けに来なかったのか?

ところで、サボが生きていたとなると、
エースがマリンフォードで処刑されそうだった時に、
どこで何をしていたのかが気になります。

私の予想では、先ほど申したように、
サボは革命軍の一員として、航海術も優れているので、
世界各地、特に遠方の地などに赴き、特別な任務についていた、
のではないかと思います。

確かに、シャンクスは新世界で四皇のカイドウと小競り合いをした翌日には
マリンフォードに到達していますが、サボはグランドラインにいたとは限りません。

革命軍は、ロビンがバーソロミュー・クマに飛ばされた、
東の海の“巨大な橋”があるテキーラ・ウルフのように、
かなり辺境の地まで活動の場を広めているように見えます。

ですから、頭も切れるサボが、
最前線に出て活動していた可能性もあるのではないかと。

そんな予想をしてみました。

あとは、能力者なのか、覇気使いなのか(これは当然でしょうね)
戦闘能力がどれほどなのか気になりますが、
それは、物語が進むにつれ明らかになってきますよね。
今後の展開に目が離せません!!

スポンサー リンク