「新・のび太の日本誕生」ラストシーンに涙

さて、最後に物語のラストシーンの感想を述べさせて頂きます。

のび太が作り出した「ペガ」「グリ」「ドラコ」は、架空の動物のため
タイムパトロールによって、空想動物園に連れていかれることに。

その別れの際に、彼らの親代わりだった、のび太が、
感情をぐっと押し殺しているシーンが泣けてきます。

それに比べて、原始人ククルとの別れについては、
特に何もなく、サラッとしていたので、不思議だったのですが、
エンドロールで、その後の世界が描かれていました。

ククルがたくましい大人に成長し、妻を持ち、子どもが生まれる。

人類が長い時間をかけて歩んできた繁栄の道のりを描くことで、
一時期の感情的な別れを描くよりも、非常に感動的に思えました。

そして、一番、私が感動したのが、物語のラストシーンです。

7万年前から現代に戻ってきた、のび太。

そもそも、物語の冒頭で、テストの結果が0点だったことを、ママに叱られて
のび太は、家出した訳ですから、当然、戻ってきたら、再び、かみがみ言われるのかと思いきや…

ママは、ママなりの愛情で、のび太を優しく受け入れました。

私は、このシーンを見て、思わず涙がこぼれました。

ママも、本当は、我が子にいつも厳しくあたりたくはないと思うんですよ。

でも、子どもが、言うことを聞いてくれない。
期待していたように育っていない。

そんな、葛藤を抱えながら、子どもとの接し方、距離感を
いつも悩んでいるんだと思います。

親ってそういうものですよね。

このように、ドラえもんのテーマの代名詞でもある「友情」に加えて
家族愛・親子愛」が、物語の起承転結で描かれていることが、
この映画の最大の魅力だと感じました。

だから、大人が見ても楽しんだと思います。

親としての視点で感動もするし、
少年少女の頃のような気持ちに戻って冒険を楽しむこともできる。

ドラえもんは、不朽の名作ですね!

スポンサー リンク