Appleの修理代理店でiPhoneを修理!「充電できない」の解決方法

さて、私が向かったのは、Appleの正規代理店。東京駅の丸の内北口、書店の丸善4Fにある「クイックガレージ丸の内」です。

Appleの正規代理店「クイックガレージ丸の内」の画像

私は、iPhoneの修理などが必要な場合は、アップルストアではなく、正規代理店に行きます。

そもそも、アップルストアは、全国に8店舗(札幌・仙台・銀座・表参道・渋谷・名古屋、大阪、福岡)しかなく、修理の依頼などは、基本的に事前予約が必要です。

それに比べ、正規代理店は、予約なしですぐに見てもらえます。(もちろん混雑時は、待つこともありますが)

「Apple 代理店 (場所)」で検索すれば、お近くの代理店が簡単に見つかりますよ。

事前に、電話で問い合わせした時に、「本体に問題があり交換の場合は、3万2000千円」と言われていたので、ちょっとブルーな気分でした。

しかし、それは、幸いにも杞憂に終わることに。原因が、わずか1分で解決しました。

iPhoneが充電できない問題が1分で解決!

早速、担当者のお姉さんに、事情を説明すると、「明るいところで見てみます」と言って、私のiPhoneを持ち、奥の部屋へ。

すると、わずか1分後に戻ってきて…

「充電できるようになりました」と。

え?早っ!!!

私は、その時点で驚きましたが、お姉さんが手に持っていた、あるモノを見て、さらに驚愕!

「これが中に詰まっていました」

その、詰まっていたモノとは…

iPhoneのコネクタに詰まっていた埃の画像

何だか、分かりますか?

そう、埃やゴミの塊です。

手の平に乗せると、その大きさが分かると思います。

iPhoneのコネクタ埃の掃除の画像

「こんなにでっかい埃の塊が…」

私は、ビックリして、思わず、受け取ったばかりのiPhoneで、すぐに写真を撮りました(笑)

iPhoneが充電できなかった訳は、この埃が、コネクタに詰まっていたため、ケーブルが、しっかりと接続されていなかったのです。

どうやって、埃を取り除いたのか、聞いてみると、この道具を使って、かき出したとのこと。

iPhoneのSIMカードを取り出す道具の画像

ん?これって、なんか見たことあるような、ないような…。

実は、これ、本来は、SIMカードを取り出すためのもので、iPhoneの購入時に付属されているやつでした。

なーんだ、これで、コネクターの中をはじほじして、埃を出しただけだったんですね。

これなら、自宅でも簡単に出来ますね

とは言っても、その道具、どっかいっちゃたよ、という場合も、ご安心を。

代理店のお姉さんの話では、爪楊枝でも大丈夫とのこと。

でも、自分でやる場合には注意点が。次の記事で詳しくお伝えします。

この方法を実践すれば、iPhoneが充電できるようになります!

スポンサー リンク