iPhoneが充電できない!本体の接触不良の原因は?

iPhoneを充電しようとして、
ドックコネクタにケーブルを差し込んでも、なぜか充電できない!

iPhoneと充電ケーブルの画像

こんな症状が出てくると、とても困りますよね。

私のiPhone5Sも、ある時から、たまにしか充電できないように…。

ケーブルをさしても、充電中になったり、ならなかったりの繰り返し。
その度に、「ブルブルブルブル」とバイブレーションの音が耳障りで
「いい加減にしろ!」と、イライラしていました。

本体を修理に出さなくては…と覚悟していたのですが…

今回、その原因と、拍子抜けするほど、簡単な解決法が分かりました!

衝撃の事実に、ビックリです。

さあ、あなたも、この方法で、
「iPhoneが充電できない」イライラから、今すぐに解放されましょう!
自宅で、今すぐに対処できますよ。

iPhoneが充電できない原因は?充電ケーブル?接触不良?

まず、iPhoneが充電できない原因は、大きく2つに分けられます。

  • 充電ケーブルの問題
  • iPhone本体の問題

 

まずは、充電ケーブルか、iPhone本体か、どちらの原因があるのか見極めましょう。
それぞれについて説明します。続きは、次のページで。

スポンサー リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当レストランのシェフ


TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、4歳娘と0歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール
follow us in feedly

記事のカテゴリー

1件のコメント

  • 匿名

    おかげで充電不良が治りました!
    ありがとうございました!

お気軽にコメント下さい