iPhoneコネクター掃除で使う方法や道具は?

まず、iPhoneコネクタを掃除する方法で、ネット上でもよく出ている情報は…

  1. 空気でほこりを飛ばす
  2. 綿棒で汚れを拭く

 

この2つを見かけます。

空気については、息をふきかけたり、100円均一などで売っているエアーダスターを使ったりする方法があります。

綿棒は、iPhone6やiPhone5のコネクタは小さいので、通常のものでは入りません。
なので、赤ちゃん用の細い綿棒を入れ、汚れを落とす方法があります。

確かに、これらの方法でも、コネクター内のほこりやごみが、わずかであれば、きれいになる場合もあるでしょう。

しかし、私のケースのように、たくさん埃が詰まってしまった場合は、これらの方法ではうまくいきません。

そこで、登場する道具がこちら!

iPhoneのSIMカードを取る道具の画像

前回の記事でも、ご紹介しましたが、これはiPhone購入時の付属品で、本来は、SIMカードを取り出す時に使う道具です。

この棒の先端を、コネクタに入れて、中に詰まったほこりをかき出します。

これが無い場合は、爪楊枝でも大丈夫です。

コネクト内は、すっきりきれいになり、ケーブルの接触不要は解消されます。
しかし、その時に注意すべきことがあります。

iPhoneコネクタを掃除する時の注意点は?

iPhoneのコネクタを掃除する時に、注意することが1点。

ケーブルとの接触部分である金具を傷つけないこと。

iPhoneの画面を上にした場合、コネクタの奥、下側に、ゴールドの金具が並んでいます。

そこを、ガリガリと強く削ってしまうと、今度は、それが原因で接触不良が起きてしまします。

なので、ほこりを取り除く時には、やさしく慎重に行いましょう。

自分でやるのが不安であれば、アップルの正規代理店に持ち込み、係の人にやってもらいましょう。

「Apple 代理店 (場所)」で検索すれば、見つかります。また全国各地のビックカメラ内にもあります。
簡単な掃除なら、基本的に無料でやってくれますよ。

スポンサー リンク