iPhoneが充電できない!本体の接触不良の原因は?



iPhone本体に原因がある場合

iPhoneが充電できない原因の2つ目は、iPhone本体に問題があるケースです。

iPhoneが水没した場合は、修理が必要ですので、こちらの記事を参考にして下さい。
>>iPhone水没修理の値段は?修理代ゼロでデータ復旧した方法

 

iPhoneが充電できない原因は接触不良!対処法は?

さて、iPhone6やiPhone5が充電できない原因で、一番多いと思うのが、
「本体とケーブルの接触不良」ではないでしょうか。

私も、接触不良が原因でした。

通常、コンセントやPCに繋いだケーブルをiPhoneにさすと、
次の画像のように、画面右上の「電池マーク」の横に、雷マークが表示されます。

iPhoneの充電中の画面画像

これが出れば、充電が出来ています。

しかし、ケーブルをさしても、雷マークが出ない場合があります。

iPhoneが充電できない画像

この状態では、たとえケーブルが繋がっていても、充電されません。

私の場合は、ケーブルの先を、指で押さえて、少し圧力を加えると
雷マークが出ましたが、指を離すと、すぐに「充電できない」状態に戻ってしまいました。

これでは、ずっと指で押さえていなければならず、放置したまま充電ができません。

コネクタに細かいゴミが入っていて、接触が悪いのかと思い、次のことを試しました。

iPhone5sのコネクターの画像

  • 穴に向かって、口から息を吹きかける
  • 子ども用の細い綿棒で、掃除する

 

しかし、一向に改善されず、充電できないまま。

後で、分かったことですが、私の場合、
この方法では、むしろ逆効果だということが分かりました。

これ以上、自分ではどうしようもないと思い、
Appleの修理代理店で見てもらうことにしました。

そこで、私が知ったのは、衝撃の事実でした!

修理代理店で、すぐに原因が判明。
さらに、たった1分の作業で、あっというまに問題が解決!

修理代は、無料

しかも、自宅でも簡単に対処できたことが分かりました。
詳しくは、次のページで。

スポンサー リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当レストランのシェフ

TVディレクター・ジン

TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、5歳娘と2歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール


follow us in feedly

記事のカテゴリー

3件のコメント

  • 匿名

    おかげで充電不良が治りました!
    ありがとうございました!

  • 匿名

    いつも息を吹きかけてました。大した効果もないのに。
    中をほじくってみると当記事の画像の倍くらいの埃が、、
    一瞬でなおりました!
    本当にありがとうございました

  • 匿名

    この2か月程接触不良で、遂に完全に充電できなくなったときに
    この記事のお蔭で治りました。
    埃が嘘みたいに出てきてすっきりです
    共有して頂きありがとうございました!

お気軽にコメント下さい