最近、Twitterで「勝手にリツイートされた!」という被害が相次いでいます。
こうした場合、意外と知られていないんですが
Twitterアプリと連携したことが原因の一つになっています。

twitter01

私も、実際に、Twitter上で興味があるツイートを見ていて、
つぶやきに載っているURLをクリックし、その先のコンテンツを見た時がありました。

すると、その後、自分のツイートとして、そのURLが付いたつぶきやが、
リツイートされていたのに気が付き、驚きました。
今回は、こうしたケースでの、Twitter連携アプリの注意点解除方法をまとめました。

「Twitterで勝手にツイートされた!」その原因は連携アプリだった

Twitterは、色々なアプリと連携できて便利な反面、
自分の意図しないことまで、勝手にされてしまう場合があるので注意が必要です。

「勝手にフォローさせられた」
「見た動画を勝手にツイートしていた」

と被害を訴える声が増えています。

こうした場合、厳密に言えば、「勝手にされる」というよりは、
アプリと連携した時の条件を「見落としている」場合が多いようです。

つぶやきのURLをクリックした場合、通常なら、他のサイトなどに直接飛びますが、
次のような連携アプリの認証を求める画面が出てくることがあります。

twitter-appli-1

この画面が出た時は、そこに載っている条件を必ず読んだ上で、
「連携アプリを認証」のボタンを押すようにして下さい。
認証ボタンを押すことで、その上に書いてある条件を認めたことになります。

twitter-appli-1-2

[deco_bg image=”postit2″ width=”600″]

  • タイムラインのツイートを見る
  • フォローしている人を見る、新しくフォローする
  • プロフィールを更新する
  • ツイートする

[/deco_bg]

4番目に「ツイートする」とあるので、
連携アプリを認証し、その先のコンテンツを見た時点で、
自分のツイートとして、このつぶきやきが勝手にリツイートされます。

自分がいつも取り上げているようなネタであれば、
リツイートされても構わない場合もあるでしょう。

しかし、ちょっと、こっそり見てみたかったネタや、
普段はリツイートしないようなネタだった場合、
後で気が付いて、ビックリしたり、恥ずかしい思いをする場合もあると思います。

なので、こうしたTwitterの連携アプリを認証する際は、
十分に注意し、自分が納得した上で行うようにしましょう。

続いて、連携アプリの解除の仕方をお教えします。

スポンサー リンク