朝採りのとうもろこしを、群馬旅行の帰りに、道の駅で買ってきたので、早速、その晩、茹でて食べました!

茹でたトウモロコシの画像

美味しいとうもろこしのゆで方って、色々あって、レシピも様々なんですよね。

今回は、他のレシピを参考にする中で、3つのポイントに焦点をあて、それぞれの特長を生かしながら、とうもろこしを茹でてみました。

ゆであがったトウモロコシは、ぷっりぷりで、ジューシー!!大成功です。そのゆで方を紹介します。

トウモロコシの美味しいゆで方は?

美味しいとうもろこしのゆで方を、クックパッドや他のレシピサイトで調べてみると、やり方は様々。

その中で、気が付いたのは、とうもろこしを茹でる時には、
3つのポイントで違いが出てくるということです。

とうもろこしのゆで方 3つのポイント!

1.皮ごと茹でる? むいて茹でる?

2.水から茹でる? 沸騰してから茹でる?

3.塩は入れてから茹でる? 茹でた後に入れる?

 

この3つのポイントで意見が分かれるようです。

今回、私は、この3つの中から、一つずつを選んで、次のような方法で茹でることにしました。

 

私が選んだとうもろこしのゆで方レシピ

1.皮をすべてむいて茹でる

2.水から茹でる

3.塩は茹でた後に入れる

 

なぜ、この方法を選んだのか。
まずはレシピを紹介した後に、それぞれの違いについて説明します。

ジン流!とうもろこしのゆで方レシピ

それでは、上の3つのポイントに沿って、とうもろこしを茹でて行きましょう。

皮つきのとうもろこしの画像

1 とうもろこしの皮をむく

まずは、とうもろこしの皮をすべて剥きます。ひげも取り除きましょう。

とうもろこしの皮を剥く画像

とうもろこしは、皮を剥いた後は鮮度が落ちるので、ゆでる直前に皮を剥きましょう。

2 水を入れた鍋にとうもろこしを浸し火にかける

鍋に水をたっぷりと入れ、とうもろこしを入れて火にかけます。
この時、塩は入れません。

鍋に水に入ったとうもろこしの画像

水から茹でることで、とうもろこしがプリプリにゆで上がります!

3 強火で沸騰するまで待つ

強火で水が沸騰するまで待ちます。水の量も多いので、結構、時間がかかります。

4 沸騰したら中火で3分ゆでる

沸騰したら、中火にして、そこから3分間ゆでます。

沸騰した湯とトウモロコシの画像

5 箸でとうもろこしを転がす

とうもろこしは水に浮くので、箸で転がしながら、均等に茹であがるようにします。

 

6 火をとめてから塩を入れ8分待つ

3分たったら、火を止めて、その後、鍋に塩をたっぷりと入れます。

水1リットルに対し、大さじ2杯くらいです。
こんなに入れて大丈夫?ってくらい大胆に入れて下さい。

7 ざるに上げて出来上がり!

8分たったら、トウモロコシをざるに上げて完成です。

茹でたとうもろこしの画像

8 残りはラップにまいて冷蔵庫で保存

すぐに食べない時には、とうもろこしを一本ずつラップで巻いて、冷蔵庫に保存します。

ラップに包んだトウモロコシの画像

こうすることで、時間が経っても、とうもろこしの粒がシワシワにならずに、みずみずしさを保ちます。

9 茹でたてのトウモロコシを食べる!

とうもろこしがぷりっぷりに茹であがりました!

茹でたトウモロコシの画像

早速、食べてみます。

うん!とってもみずみずしい!
それでいて、シャッキリもしている!

これは、うまいぞ~!!!!新鮮なトウモロコシの甘さも引き立ってます!

こんなにうまいトウモロコシは、初めて食べました。
失敗なく美味しいトウモロコシになりますので、ぜひ試してみて下さい。

続いて、ご紹介した3つのポイントの違いについて、おさらいです。

とうもろこしのゆで方 3つのポイントの違いは?

さて、最後になってしまいましたが、3つのポイントの違いについて、説明します。
うんちくも覚えておいて損はないですよ。

朝採れトウモロコシの画像

 

1.皮はむくか?皮ごと茹でるか?

ちまたのレシピでは、皮ごと茹でる方法も良く見かけます。
外側の皮を剥いて、内側の薄皮だけ残して茹でる方法ですね。
私もここは迷いました。

皮ごと茹でるメリットとデメリットは?
メリット
  • 皮がとうもころしの甘みを閉じ込めてくれる
  • とうもろこしのひげには、
    利尿作用や抗炎症作用があると言われ、体に良いとされる
デメリット
  • 「生臭さが付く」という意見も
  • 茹でた後で熱いから皮を剥くのが、ひと苦労

 

私は、めんどくさがりなので、始めから剥いてしまえ~!という感じで、
皮を剥いて茹でることを選びました。

2. 水から茹でる?沸騰してから茹でる?

とうもろこしを水から茹でるか、沸騰してから茹でるか、
これによって、仕上がりが変わってきます。

沸騰してから茹でる場合

よりシャキシャキになる

水から茹でる場合

よりふっくらジューシーになる

とうもろこしは、水で加熱することで、中のデンプンが糊化(こか)して、甘みが増します。

水から茹でることで、とうもろこしが、より水を吸収し、ジューシーな甘みのある仕上がりになる訳です。

私は、ジューシー派なので、水から茹でることにしました。

3.塩は後から?それとも最初から?

なぜ、最初に塩を入れないで、後から入れるのか。

最初に入れてしまうと、浸透圧の関係で、とうもろこしの水分が出てしまい、ジューシーさが保たれなくなってしまうんです。

後から、塩に浸すことで、塩がとうもろこしの粒をコーティングし、より甘みが増すんですって。

さらに、時間が経っても粒がシワシワにならないのは、このおかげだったんです。

 

以上が、とうもろこしの美味しいゆで方を調べて、私なりにまとめた結果です。この3つのポイントを参考にして、自分なりのレシピで、おいしくトウモロコシを茹でましょう!

スポンサー リンク