新宿焼肉ホルモンおすすめ!歌舞伎町「新宿食肉センター極」

新宿歌舞伎町で、安くて美味しい焼肉•ホルモンを食べるなら
絶対おすすめしたい店があります。

「新宿食肉センター極(きわめ)」

【朝どれ あみればー】
焼肉屋あみればーの画像

オリジナルメニューの「朝どれ あみればー」は、
その日の朝にさばいた新鮮なレバーを網状の脂で包んだ絶品!
この店でしか食べられない。さらには!

【霜降り!極上ハラミ】
新宿食肉センター極の極上ハラミ

群馬県の人気ブランド牛、上州牛の霜降り極上ハラミなど、
安くてうまい焼肉、ホルモンがたくさんあります。

歌舞伎町で、数ある焼肉店の中から、
味とコスパを考えるなら、断然、この店をおすすめします。

新宿歌舞伎町の焼肉店「新宿食肉センター極」の極上ホルモン

新宿食肉センター極は、新宿歌舞伎町の靖国通りから区役所通りに入り
風林会館の交差点を右に曲がると、すぐのところにあります。

新宿歌舞伎町の風林会館と新宿食肉センター極の画像

外観は、こんな感じ。通りに面した一階です。

【新宿食肉センター極】
新宿食肉センター極の外観の画像

のれんには「焼肉内臓専門店」と。
この肉全面アピールの自慢満々な感じ。
いや〜、まさに僕好みの焼肉店です。

店内は、カウンター席とテーブル席が6卓と、広くはありません。

歌舞伎町という場所柄、飲みにきた客が1人できたり、
水商売のお姉ちゃんが仕事の後に2人できたりと、
小規模グループを狙った店舗なんでしょう。

生ビール おっとこ前ジョッキ

カウンター席に座り、早速、生ビールを注文。

ただの中生では、ございません!
頼んだのは、「おっとこ前ジョッキ」
中生ジョッキの2倍以上で、1リットル近く入ってます!

【生ビール おっとこ前ジョッキ 980円】
生ビールおっとこ前ジョッキの画像

左が中生で、右が「おっとこ前ジョッキ」

写真で見ても、大きさの違いは明らかですが、
実際に持ってみると、そのデカさに驚きます。

【かなり重たい】
生ビール おっとこ前ジョッキの画像

焼き肉食べる時は、ビールも一杯では終わらないので、
豪快に行きないならば、この、おっとこ前ジョッキでガツンと行こう!

値段は、980円。

ちなみに、この「おっとこ前ジョッキ 」は、
他にも、黒生、ハーフ&ハーフ、ハイボール、ハイサワーで用意されています。

新宿食肉センター極の刺身がうますぎる!

焼肉の前に頼みたいのが、まず刺身
新宿食肉センター極のウリの一つが、
他の店では味わえない新鮮な刺身が楽しめることです。

スポンサー リンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加



当レストランのシェフ

TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、4歳娘と0歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール
follow us in feedly

記事のカテゴリー

33件のコメント

    お気軽にコメント下さい