iPhoneの画面を見たら、暗くて見えづらい!
突然、こんな状況になると、あせりますよね。

iPhone画面の画像

明るさを変えた覚えはないのに、いったいなぜ?
と、私も思いましたが、その原因が分かったので、解決方法をシェアします。
iPhone画面の明るさ設定と、自動調整の方法を覚えておきましょう。

iPhoneの画面が暗い原因は?

iPhone画面が暗くてよく見えない.
こんな時は、知らずに画面の明るさを暗く設定してしまった可能性があります。
なぜ、そのようなことが起こるのか。

実は、iPhone画面の明るさ設定は、2通りあるのですが、
その1つの設定を意図せずにしてしまったと思われます。

iPhone画面の明るさ設定①

iPhone画面の明るさを設定する方法の一つは、コンロールセンターです。
これは、iPhone画面の最下部に指を当て、上に引き上がるように指を動かすと出てきます。

iPhone画面が暗い画像

ここで、明るさ設定のところを見ると、一番暗い設定になっています。
このバーを右にスライドしていけば画面が明るくなります。

iPhone画面が明るい画像

バーを一番右に合わせると、明るさは最大になります。

なぜ、知らぬ間に画面が暗くなっていたかというと、
コントロールセンターを開いた時に、誤動作でバーをいじってしまったのだと思います。

原因を知ってしまえば、なんてことはないですね。
さらに、iPhone画面の明るさは、通常の「設定」からもできます。
これが2つ目の方法です。

「設定」では、画面の明るさを自動で調整する機能もあります。
自動調整をオンにしておけば、仮に設定が「暗い」になっていても、
状況によって、明るさを調整してくれます。詳しくは、次のページで。

スポンサー リンク