上野公園の桜【2017】見頃は?花見と観光を楽しむ方法



上野公園の花見スポット!メインの桜並木

まず、上野公園の花見スポットと言えば、こちらの桜並木!

ueno-sakura01

桜マップで見ると、この通りです。

公園内には、約1200本もの桜が。
ソメイヨシノ(染井吉野)を始め、ヤマザクラ(山桜)やヨウコウ(陽光)など
およそ40種類もの桜が咲いています。

このメインの桜並木は、特に桜が集中していて、毎年、花見の場所取りが超激戦の場所です。
都内でも屈指の人気スポットで、最近では、日本人に限らず、多くの外国人観光客を見かけます。

 

清水観音堂

桜並木を不忍池方面へ向かって進んでいきます。

途中に、清水観音堂(きよみずかんのんどう)があります。
これは、上野公園にある寛永寺の建物の一つです。

上野公園の清水観音堂の画像

寛永寺は、江戸時代、德川幕府の安泰と平安を祈願するため、
江戸城の鬼門(東北)にあたる上野の台地に建てられたといいます。

4月8日は「お釈迦様が誕生した日」ということで
4月上旬には、清水観音堂の舞台で甘茶が振る舞われるようです。

清水観音堂を見上げながら、桜と一緒に写真を撮るのも良いですね。
この写真は、まだ桜が開花したばかりですが、
満開の頃には、もっと素晴らしい絵になりますよ。

上野公園の清水観音堂と桜の画像

そして建物の前には、「月の松」という変わった形の松が。

清美づ観音堂の「月の松」の画像

枝がくるっと一回転しています。

この松は、江戸時代に実際にあった松の木を再現したもの。

かの歌川広重の浮世絵には、清水観音堂と一緒に、
枝がくるっと回った松の木が、確かに描かれています。

歌川広重の上野清水堂の画像

この清水観音堂の裏手にも、桜が多く、花見客で大いににぎわうスポットです。

ソメイヨシノの他にも、アマノガワ(天の川)ランラン(蘭々)など、様々な桜が楽しめます。

近くには、上野公園の名物・西郷隆盛像や…

上野公園の西郷隆盛像の画像

そして、幕末に新政府軍と対峙した彰義隊の墓も。

上野公園の「彰義隊の墓」の画像

上野の山を舞台に、新政府軍と戦い敗れた彰義隊。
その奮戦の様子がリアルに描かれた当時の絵を見ることが出来ます。

彰義隊の戦いを描いた絵画

それから時は経ち…
今では、お墓の隙間からは、東京スカイツリーが。

彰義隊の墓と東京スカイツリーの画像

当時の人たちは、まさか、こんな巨大タワーが建つとは夢にも思なかったでしょう。
こうした新旧のコラボショットを楽しめるのも上野公園の魅力です。
続いては、メインの桜並木から上野動物園の方へ進んでみましょう。

スポンサー リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当レストランのシェフ

TVディレクター・ジン

TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、5歳娘と1歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール


follow us in feedly

記事のカテゴリー

5件のコメント

    お気軽にコメント下さい