新宿歌舞伎町ランチ!人気の生姜焼き定食「つるかめ食堂」



眠らない街、新宿歌舞伎町で昭和31年から営業する定食屋
「つるかめ食堂」で名物の生姜焼き定食を食べてきました!

【生姜焼き定食】
歌舞伎町つるかめ食堂の生姜焼きの画像

昔から店の看板メニューとして、”歌舞伎町の住人たち”に愛されてきた生姜焼き定食。そのお味は?
ジン(@zin_will)のグルメリポート開始です!






歌舞伎町でランチ!つるかめ食堂の生姜焼き定食

つるかめ食堂は、新宿歌舞伎町のセントラルロードを進み、旧コマ劇場の少し手前の路地で右へ。

【写真の奥がセントラルロード】
歌舞伎町のつるかめ食堂の画像

店の入り口には、植木鉢がいっぱい!
2階のベランダからも観葉植物が生い茂ってます。
「つるかめ食堂」と看板が出てるので、道を間違えなければ、すぐに分かります。

つるかめ食堂 歌舞伎町店の外観の画像

お店の暖簾は、「つるかめ食堂」だけに、鶴と亀。

鶴と亀の暖簾の画像

それでは、いざ店内へ。

つるかめ食堂は創業31年!新宿の歴史が

このつるかめ食堂は、創業が昭和31年の老舗。

店内は、昔ながらの定食屋さん、といった感じです。

歌舞伎町つるかめ食堂の店内の画像

今回、私ジンは、仕事で歌舞伎町へ。
午後3時、遅いランチです。
さすがに、この時間帯は、空いてますね。

初めてなので、定番の生姜焼き定食を注文。

待つ間に店内を見渡すと、創業当時の店の写真が。

昭和のつるかめ食堂の写真

当時の新宿駅周辺の航空写真も飾ってありました。

【昭和34年ころの新宿駅周辺】
昭和34年ころの新宿駅周辺の航空写真

店のおばちゃんが、「ここがコマ劇場だよ」と教えてくれました。

今でこそ、新宿は世界に誇る大都市ですが、戦後の復興期、昭和30年代は、まだ畑が残る東京の下町。

当時は、新宿駅周辺に、高いビルはなく、今とは全く違った町だったんですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当レストランのシェフ

TVディレクター・ジン

TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、5歳娘と1歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール


follow us in feedly

記事のカテゴリー

7件のコメント

    お気軽にコメント下さい