道の駅舞鶴港とれとれセンター!舞鶴市観光で松葉ガニをお土産に



京都・舞鶴市の道の駅「舞鶴港とれとれセンター」に行ってきました!

舞鶴市の松葉ガニの画像

舞鶴産ズワイガニのブランド「松葉カニ」が、ドーンと売られています!

さらに、若狭湾でとれた新鮮な魚の干物も、ずらり。
>>舞鶴港とれとれセンターで干物!サバ一夜干し

舞鶴港とれとれセンターの干物の画像

こちらの道の駅では、新鮮な魚介類をお土産として買えるのは、もちろん、
その場で、カニや魚貝の焼き物が食べられます!






道の駅「舞鶴港とれとれセンター」の松葉ガニ

道の駅「舞鶴港とれとれセンター」は、JR西舞鶴駅からタクシーで10分。
国道175号沿いにあります。

道の駅舞鶴港とれとれセンターの外観画像

建物の中には、魚屋さんがいくつも並び、カニや干物などが売られています。

道の駅舞鶴港とれとれセンターの店内画像

観光客でにぎわう店内には、松葉ガニが、こんなにたくさん!

舞鶴港の松葉ガニの画像

さすが、ズワイガニのブランドだけあって、値段はお高い!
大きいサイズだと、1杯13,800円。ひゃ~。

松葉ガニ

そもそも、「松葉ガニ」と「ズワイガニ」って何が違うの?

という疑問が沸いたので調べてみると、「ズワイガニ」は学術的な呼び方。
このズワイガニがとれる場所によって、ブランド戦略から、呼び方を変えているんですね。

例えば、鳥取など山陰地方や、この舞鶴では「松葉ガニ
若狭湾の福井寄りでは、「越前ガニ
といった具合に。

松葉ガニの場合、それぞれのカニには、ブランドを証明する、緑色のタグが付けられいます。

値段は、1万円以上から3,000円代までと、ぴんきり。

そこで、松葉ガニの選び方のポイントを店員さんに聞いてみました。続きは後半で。

スポンサー リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当レストランのシェフ

TVディレクター・ジン

TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、5歳娘と2歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール


follow us in feedly

記事のカテゴリー

お気軽にコメント下さい