ローストビーフレシピ!【牛たたき】簡単フライパンで焼くだけ



ローストビーフに使う部位は?

今回、近所のスーパーの肉屋で買った牛肉は、
こちらの国産牛の肩肉で、「トンビ」という部位です。

牛肉トンビ

一般的に、自宅でローストビーフを作る時には、
牛肉の「モモ」や「リブロース」、「肩肉」を使います。

赤身が好きか、脂がのった肉が好きかで、部位を選びます。

モモ

脂身が少ない赤身の部分。

リブロース

脂身が多く、霜降りは高級肉

トンビ

牛一頭から、2kgしか取れない希少部位。
肩から腕にかかる部位。
肉質は「モモ」に近く、細かなサシが入っている

 

この「トンビ」は、
関東では「トンビ」、関西では「トウガラシ」と呼ばれいます。
赤身なんだけど、脂も程よくのっているので、
ローストビーフにぴったりなんです。

ただ、この「トンビ」は希少部位なので、
どこのスーパーでも売っている訳ではないです。

牛肉の専門店や、
牛を一頭買いしているような店なら、あるかもしれません。
肉屋に行ったら、「ローストビーフ用のお肉を下さい」と言えば
いくつか部位を見せてくれるか、
その日ある肉の中から、おすすめを教えてくれます。

肉を買う時に、「牛脂」をもらうのも忘れないで下さいね!
ちなみに、今回、買ったトンビは、100グラム680円。
300グラム買ったので、2人前でおよそ2000円です。

冒頭の写真のように、300グラムあれば、結構なボリュームですよ。

★ 自宅で出来る! ローストビーフの簡単レシピ ★

それでは、ローストビーフを作っていきます。

  フライパンで牛肉を焼く!

フライパンを温め、牛脂をぬる

肉屋でもらった牛脂を、
あたためたフライパンに乗せ、全体に油をぬります。

フライパンで、牛肉を焼く

そこへ、牛肉のかたまりを切らずにそのまま入れます。
塩コショウをする必要はありません。

中火で、少しコゲ色がつく程度に片面ずつ焼いていきます。

側面も含めた全部の面が焼けたら、火を止め、終了。
これで、牛肉の表面だけが焼けて、中は生の状態です。

スポンサー リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当レストランのシェフ

TVディレクター・ジン

TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、5歳娘と2歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール


follow us in feedly

記事のカテゴリー

6件のコメント

    お気軽にコメント下さい