パソコン空き容量を増やす方法3選!メリット・デメリットは?



パソコンの動作が重い!
キーボードの反応が遅い!

ノートパソコンの空き容量を増やす画像

そんな時は、パソコンの空き容量が不足しているので、容量を増やす必要があります。
>>キーボードの反応が遅い!変換が遅い理由【Windows10】

今回は、空き容量を増やす方法を3つご紹介!
それぞれのメリット・デメリットも合わせて。






パソコンの空き容量を増やす方法3選!

パソコンの容量不足を解決する簡単な方法は…

  • データを外付けハードディスクやDVDなどに移動する
  • CドライブのデータをDドライブに移動する
  • ディスクのクリーンアップをする

 

それぞれ、メリット・デメリットがあるので、その時の状態や、使える時間によって選択して下さい。

ちなみに、私は、2つ目の方法、CドライブからDドライブの移動
キーボードの反応が多い症状を改善しました。

ハードディスクの容量を確認する方法は、こちら。
>>パソコン空き容量の確認方法【Windows10】容量不足を解消

 

1.データを外付けハードディスクなどに移動する


HD-LC3.0U3/N【税込】 バッファロー USB3.0接続 外付けハードディスク 3.0TB【簡易パッケージモデル】 WEB限定商品の為、パッケージは簡素化 [HDLC30U3N]【返品種別A】【送料無料】【RCP】

写真や動画など、主に保存が目的で、常にパソコン内に保存しておく必要がないデータは、
外付けのハードディスクやDVDなどに移動しましょう。

デスクトップパソコンの場合は、ハードディスクの容量を追加する方法もあります。

メリット

パソコンのハードディスクの容量は根本的に減らせる。

デメリット

外付けHDDなどを用意する必要があり、コストがかかる。
移動するデータ容量によっては、かなり時間がかかる。

続いて、2つ目、3つ目の方法。続きは次のページで。

スポンサー リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当レストランのシェフ

TVディレクター・ジン

TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、5歳娘と2歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール


follow us in feedly

記事のカテゴリー

お気軽にコメント下さい