ワンピースゴールド777巻!ギルド・テゾーロの過去



テゾーロの少年期 不良時代 【ステラとの出会い】


キネマ旬報 2016年夏の増刊号 アニメーション特集 No.1723 2016年8月号 【表紙】 ONE PIECE FILM GOLD[本/雑誌] (雑誌) / キネマ旬報社

    • 12歳 グレて家を出る。食うに困って金を盗む
    • 16歳 やばめのカジノで大敗。拘束され、人買いに連れていかれそうになる。
      ヒューマンショップで「ステラ」と目が合う。ステラを好きになる。
      ステラを自由にする(買いとる)ため、まっとうに働き金を稼ぐ

 

テゾーロ12歳 グレて家を出る

12歳で、家を飛び出したギルド・テゾーロ。

しかし、食うに困って、金を盗み、不良の道に。

盗んだ金を、不良連中にあげることで、友だちができるが、
所詮、それは、金のつながり。

不良仲間に、金をあげるシーンも、映画の本編でちらっと描かれています。

そして、ギャンブル・酒・ケンカの日々。

典型的な不良が落ちていくパターンに(泣)

 

テゾーロ16歳 ステラと出会う

そして、16歳の時に、転機が!

ギャンブルに溺れていたテゾーロだったが、ある日、悪仲間とヤバめのカジノで大敗。

「ヤバめ」のカジノってことは、当然、闇社会に通じている連中が経営しているカジノなんでしょうね。

仲間だと思っていた連中は、即座に逃走し、テゾーロだけが捕まる羽目に。

人買いに拘束され、連れていかれそうになるテゾーロ。
殴られ体はボロボロだったが、命からがら逃げきった。

逃げ出したテゾーロは、ヒューマンショップに行く着くことに。

そこで、目にしたのは、売られている女性「ステラ」だった。

ステラは、この時、18歳。テゾーロの2歳上。

テゾーロと同じように、父親のギャンブルが原因で、ヒューマンショップに売り飛ばされていた。

ステラは、テゾーロの悪評を知っていながらも、テゾーロと目が合った時に、微笑む。

テゾーロは、その場で、好きな歌を歌うと、ステラは、こう言う。

ステラ「素敵ね、その歌

店の柵を隔てて、会話を楽しむ二人。店の柵越しに芽生えた恋。

ステラのことを好きになったテゾーロ。
同じような境遇に生まれた2人、なんとも、切ない恋ですね。

ステラ「いつか私は買われちゃうけど、心までは買われないわ

ステラの言葉を聞いたテゾーロは、ステラを自由にするため、
彼女を書い取る決意をする!

しかし、ステラには、とんでもない値段が付いていた!
(額は明かされていません)

テゾーロは、スタラが悪事を嫌うので、まっとうに働くことに。

朝、昼、夜、深夜、寝ず食わずで働き続ける。

設定では、土木工事などを必死でやっているテゾーロの姿が。

仕事の合間に、ステラに会いに行き、店の柵越しに、話したり歌ったり。
夢を語るテゾーロ。

この時のテゾーロの夢は、

ステージで歌を歌いたい!デッカイショーのステージで!!」

16歳の時は、テゾーロにもピュアな夢があったんですね~。

ステラは、自分のことを思ってくれるテゾーロに、
嬉しくて毎晩、涙を流す。幸せ。

3年間、休まず働き、かなりの金をためていたテゾーロ。

しかし、19歳の時、2人を引き裂く出来事が!!!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当レストランのシェフ

TVディレクター・ジン

TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、5歳娘と1歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール


follow us in feedly

記事のカテゴリー

お気軽にコメント下さい