沼津港で生桜えび丼ランチ!生桜えび生しらす丼が絶品



沼津港「にし与」生桜えび生しらすの「するが丼」

生桜えびと生しらすを同時に味わえるのが、こちらの「するが丼」

するが丼(1,320円)

沼津港の生桜えび生しらす丼の画像

写真は、ごはん大盛り(無料)
ご飯の上に、たっぷりと生シラスと桜えびが盛られています!

沼津港にし与のするが丼の画像

まずは、ぷりっぷりの桜えび
まさにサクラ色の宝石です!

沼津港の生桜えび丼の画像

桜エビは、国内のほぼすべてが駿河湾でとれたもの
通常は、茹でて冷凍か天日干しになりますが、
沼津港に水揚げされた新鮮な桜えびを生で食べることができます。

生桜えびの画像

噛んだ瞬間、ぷりっとした身と、頭の殻の食感が同時に楽しめ
そして、磯の香りと甘みが口の中に広がります。
そして、キラキラと透き通った生しらす

沼津港の生しらす丼の画像

見ただけで新鮮さが伝ってきますね。

ポン酢だれをかけ、しょうがと一緒に頂きます。
くぅ~、たまらない!!

生シラスの画像

桜えびと生シラスを交互に楽しめる、何とも贅沢な丼です。

実は、駿河湾では、桜えびとしらす漁の時期が決まっていて
桜えび漁は、春と秋の2回。4月~6月と10月~11月。
しらす漁は、1月~3月が禁漁期間。

なので、旬の桜えびを味わうなら、春と秋がおすすめです。

生かき3個(900円)

そして、この丼と一緒に頼んだ生ガキも絶品!

沼津港の生ガキの画像

大ぶりのカキが3個で900円。

レモンを少し絞って口の中へ。
強い磯の香りが広がり、とてもちょうど良い塩加減。
あっという間に3つ平らげました。

生ガキの画像

他にも食べたいメニューが目白押しなので、また行ってみたいと思います。

にし与

沼津港にし与の外観画像

静岡県沼津市千本港町109
TEL:055-951-6041
月~金 6:00-15:00
土 10:00-15:00 17:00-20:00
日・祝 6:00-15:00 17:00-20:00
定休日 木曜



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当レストランのシェフ

TVディレクター・ジン

TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、5歳娘と1歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール


follow us in feedly

記事のカテゴリー

12件のコメント

    お気軽にコメント下さい