七草粥の由来と意味は?人日の節句とは?



1月7日「人日の節句」とは?

1月7日は、「人日(じんじつ)の節句」、別名「七草の節句」と呼ばれています。

「人日の節句」とは、五節句のひとつ

五節句とは、1年の節目の日として、江戸時代に幕府が定めた、次の5つです。

  • 【1月7日】人日の節句(七草の節句)
  • 【3月3日】上巳の節句(桃の節句)
  • 【5月5日】端午の節句(菖蒲の節句)
  • 【7月7日】七夕の節句
  • 【9月9日】重陽の節句(菊の節句)

読み方は、人日(じんじつ)、上巳(じょうし)、端午(たんご)、
七夕(しちせき)、重陽(ちゅうよう)

 

七草粥の由来は?中国にルーツが

この「人日の節句」は、古代の中国に由来すると言われています。

漢の時代、中国では、正月に、その年最初の動物占いをしていたようです。

1日に「」、2日に「(犬)」、3日に「」、
4日に「」、5日に「」、6日に「」をそれぞれ占い、
その日は、その動物を殺さなかったとか。

そして、7日が」の日で、邪気を払う日と考えられていたようです。

それが日本にも伝わり、1月7日は邪気を取り払って
1年の無病息災を祈願するという風習が生まれたということですね。

胃腸を整える効果があるとされる七草粥を食べれば、
正月料理で疲れた胃を休めることもできますし、
不足しがちな栄養素を補うこともできますね。

こうして由来や意味を知った上で、七草粥を食べれば、よりご利益がありそうですよね!
子供にも教えてあげましょう~!

スポンサー リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当レストランのシェフ

TVディレクター・ジン

TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、5歳娘と1歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール


follow us in feedly

記事のカテゴリー

1件のコメント

    お気軽にコメント下さい