Mr.Children 1992-2002 配信ベスト!アラフォー男が勝手にランキング



それでは、「Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25」のジン的ベスト10を、
だらだらと、いや、熱く語っていきますよ!

1位 名もなき詩(1996年)

不動の1位は、「名もなき詩

ミスチルのシングルの中で、2番目に売れた曲。(1番はTomorrow never knows)

やっぱり、この曲は、カラオケで歌っていて気持ちが良い!
これに尽きるね。

名もなき歌カラオケあるあるとしては、
「成り行き任せの恋に落ちて~」のくだりを、調子乗って歌い切った後に、
「自分の胸に突き刺さるぅ~」が高すぎて、裏返る、みたいな(笑)かっこ悪い…。

 

ジンの琴線に触れた歌詞

愛、自由、希望、夢、(勇気)
足元をごらんよ きっと転がっているさ

 

で、アラフォーになった今、自分の琴線に触れた歌詞が、「愛、自由~」のところ。

当時は、「そんなもん、足元には転がってねーだろ!!」

と、斜に構えてたんだけど、今になって思えば、案外、足元に転がってるものなのかなと(笑)

愛とか自由とか希望とか夢とか勇気って、
自分とは離れた、どこか遠くにあるものではなくて、
自分の半径1メートル以内にあるんじゃないかな。つまり、足元に。

だって、そうでしょう。

愛とか自由とか希望とか夢とか勇気って、自分が発する想いだよね。

だから、自分自身を見つめれば、そこにある物なんだよ。

愛はきっと奪うでも与えるでもなくて
気が付けば そこにある物

 

って、桜井さんも言ってるしね。

ちなみに、ライブで、最後の「この名もなき詩を いつまで君に捧ぐ」の
「ささ~ぐ」を、微妙にためて歌うのが、すげーかっこいいだよね。

↓これ、是非、聴いてみてよ。

 

2位 Any(2002年)

続いて、第2位は、「Any

学生時代は、トップ10外だった曲が、一気に2位にランクアップ

やっぱり、アラフォーにもなると、愛だの恋だののラブソングよりも、
哀愁が漂う詩が好きになってくるもんだよね。

 

ジンの琴線に触れた歌詞

「もっといいことはないか?」って言いながら
卓上の空論を振り回してばっか

そして 僕は知ってしまった
小手先でやりくりしたって
何一つ変えられはしない

今 僕のいる場所が 望んだものと違っても
悪くはない きっと答えは一つじゃない

 

2番の歌詞。

一時期、自分の未来を不安に感じ、〝おいしい話〟を聞きつけては、
手あたり次第、食い付いていた頃があった。

でも、結局、それらは小手先のやりくりであって、
本質的なことは何一つ変わらなかったんだよね。

自分を変えたかったら、どっしりと地道に積み重ねていくしか方法はないんだよね。

イチローも、こう言ってるよ。

夢を掴むというのは一気には出来ません。
小さなことを積み重ねることで、いつの日か信じられないような力を出せるようになっていきます

だから、小さなことから始めよう。

゛何度も手を加えた汚れた自画像〟に、また好きな背景を描き足していこう。

それと、昔の自分が思い描いていた未来の自分と、今のアラフォーの自分って、全然違うじゃん。
でも、それも悪くはないって、最近思うんだよね。

だって、そうでしょう。

かけがいのない家族が出来たんだから。

僕が別の人生を歩んでたら、妻と結婚しなかったかも知れないし、
娘や息子が生まれることもなかったんだから。

だから、自分が歩んできた道は、決して間違いじゃないんだよ。

いい歌だな、Any。

はい、では、3位以降、行くよ!
たとえ、読んでくれなくても、悪くはない。自己満だから(笑)

スポンサー リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当レストランのシェフ

TVディレクター・ジン

TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、5歳娘と2歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール


follow us in feedly

記事のカテゴリー

お気軽にコメント下さい