キーボードの反応が遅い!変換が遅い理由【Windows10】


キーボード入力の反応が遅いとイライラしますよね。

キーボードの反応が遅い画像

  • キーボードを押しても反応しない…
  • 文字の変換がめちゃくちゃ遅い。。。
  • コピペすら遅すぎる!!!!!

 

こんな症状が出たら、あなたのパソコンは重症です!

オーバーヒート寸前…

つまり、人間と同じで、文字通り「容量オーバー」しています。

まずは、ハードディスクの容量を確認して、
しかるべき対策をとれば、解決するので、順を追って説明しますね。






キーボードの反応が遅い原因は?

キーボードの反応が遅い時の原因は、
ずばり、ハードディスクの容量不足の可能性が高いです。

人間で例えると、脳の中に、あれもこれもやることを溜め込み過ぎて
結局は、混乱して何一つも進まない状況に似ています。

ハードディスクが十分に働けない状態だと
キーボードの反応を伝える仕組みも機能しづらくなってしまいます。

ですから、まずは、頭の中、つまりハードディスクが
現在、どれだけデータで埋まっているのか確認してみましょう。

容量の確認方法は、こちらの記事で詳しく説明しています。
>>パソコン空き容量の確認方法【Windows10】容量不足を解消

私の場合、ノートパソコンのキーボードの反応が遅くなった時に
Cドライブの容量を確認すると、およそ3分の2を使っていました。

Cドライブの空き容量を確認する画像

これでは、ハードディスクが正常に働かなくなるのも無理はないです。

特に容量が多かったのは、写真(ピクチャ)と動画(ビデオ)。

ピクチャのプロパティ画像

写真は、一眼レフカメラやiPhoneで撮った家族写真などを、すべて保存していたので、
その数は、3万枚以上!容量は60ギガバイトを超えていました。

容量不足を解消することで、キーボードの反応が遅い状態から脱することができるので
いくつかの解決策を提案します。こちらの記事で詳しく!
>>パソコン空き容量を増やす方法3選!メリット・デメリットは?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当レストランのシェフ

TVディレクター・ジン

TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、5歳娘と1歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール


follow us in feedly

記事のカテゴリー

お気軽にコメント下さい