西郷隆盛洞窟とは?鹿児島市の西南戦争ゆかりの地を巡る



鹿児島市の西郷隆盛ゆかりの地を巡る旅。

鹿児島市の岩崎谷「西郷隆盛洞窟」の画像

今回は、西郷隆盛が、西南戦争の最終局面で、
自刃する直前の5日間を過ごしたという洞窟を巡ります。

今でも西南戦争の面影を感じることができる貴重な史跡です。






西郷隆盛洞窟「おはんらにやった命」

西郷隆盛ゆかりの地シリーズでは、以下の5つの場所をご紹介していきます。

 

前回までは、西郷隆盛像、私学校跡と歩いてきました。

今回は、西南戦争で、薩軍の最後の司令部となった「洞窟」です。

鹿児島市の西郷隆盛洞窟の画像

入り口は、人の身長ほどの高さ。十数人も入れば、いっぱいというスペースです。

IMG_3952

この小さな洞穴に、西郷隆盛たち幹部が潜んでいたとは…。

ここに立つと、にわかに信じられない反面、
当時の様子が、リアルに伝わってくるようでもあります。

西郷隆盛たちは、なぜ、この洞窟に潜むことになってしまったのか?
記事の後半で詳しく。

スポンサー リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当レストランのシェフ

TVディレクター・ジン

TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、5歳娘と1歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール


follow us in feedly

記事のカテゴリー

お気軽にコメント下さい