いさき旬は6月7月初夏!梅雨イサキの塩焼きが美味しい



いさきの塩焼きが、美味しい季節がやってきました!

いさき塩焼きの画像

イサキは一年を通して流通していますが、
旬は、梅雨の時期、つまり初夏の6月・7月と言われています。その訳は?

今回、近所の魚屋さんで、カミさんが、旬のいさきを買ってきたので、塩焼きに。

白子入りで、本当に美味しいです!






イサキの旬は初夏!産卵期の6月・7月が美味しい!

いさきの旬、つまり一番美味しいと言われる時期は、初夏の6月~7月

梅雨いさきの画像

その訳は、いさきの産卵期と関係が。

いさきの産卵期は、6月~9月頃で、
産卵前が、一番脂が乗っているということなんですね。

旬が梅雨の時期と重なることから、
この時期のいさきは、「梅雨イサキ」と呼ばれています。

 

梅雨いさきの塩焼きが最高に美味しい!

さて、近所の魚屋で、梅雨イサキ1匹400円でゲット。早速、塩焼きに。

旬のイサキ画像

お店で、塩を振ってもらったので、グリルで焼くだけ簡単。

皮が焦げないよう、弱火で、じっくりと焼きます。

イサキ塩焼き画像

焼き上がったイサキの腹を割ると、白子が登場!

いさき塩焼きの白子の画像

白子、濃厚で、うま~い。

そして、もう一匹には、これまた美味しいがぎっしりと入っていたんですが、
かみさんが食べていたので、写真を撮るのを忘れてしまった。。。

イサキは、白身なので、元々淡白ですが、梅雨イサキは、脂がのっていて、本当に美味しい!

イサキ塩焼き画像

そして、私は、皮も大好物。魚の皮って、どれも美味しいけど、
いさきの皮は、また格別ですね。

今回、残念ながら、いさきの刺身は売り切れだったようだけど、
旬のうちに、刺身と塩焼きを、いっぱい味わいたいです!

初夏は、魚屋でいさきを買いに行こう!

スポンサー リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当レストランのシェフ

TVディレクター・ジン

TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、5歳娘と2歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール


follow us in feedly

記事のカテゴリー

お気軽にコメント下さい